アントンの巨大仏塔ワット・ターイットがきれいだ!仏塔の10階まで上がれ見晴らしは良かった!

   

2つの仏像

 

アントンのワット・ムアンへ行く途中に寄り道してワット・ターイットに行きました。

 

ここの寺院の形がユニークで、仏塔の最上階まで上がれるということです。遠くには、この後向かうワット・ムアンの仏像も見ることができます

 

アントンには他にも沢山の寺院があるので、時間があれば色々見て回りましょう。

 

 

行き方

ワット・ターイットの地図

 

アントン中心部からは、それ程遠くはないのでレンタルバイクだとすぐ着きます。

 

アントンバスターミナルからも1011番のバスで15分、運賃は15Bです。

 

バンコクからアントンへはバンやバスが運行しており、片道2時間程で行けるので意外と近いです。

 

アユタヤからもバスや大型ソンテウなどで行けます。

 

アユタヤに来るのは、20年ぶりくらいになるのですが、無性に行ってみたくなり、久しぶりに3等列車を利用して行くことにしました。 アユタヤといえば、誰もが世界...

 

ワット・ターイット

アントンのワット・ターイット

 

アントン中心部からレンタルバイクで、ワット・ターイットまで5分程で到着です。遠くから見ても奇抜な形の仏塔が目を引きます。

 

タイのアントンのワット・ターイット

 

ワット・ターイットはアユタヤ時代の古い寺院です。

 

ワット・ターイット

 

では正面から見てみましょう。皇帝サウザーが出てきそうな寺院ですね。すごくカッコイー。

 

参拝

 

中へ入ります。入り口入った正面には参拝するところがあります。近くにいた管理の方に上まで上がれるのか確認すると大丈夫なようです。

 

1階の仏像

 

仏塔の入り口は、階段を上がったところから中に入れます。中は仏像が安置されていて上へと続く階段が2ヵ所あります。

 

3階の仏像

 

上へ上がると今度は違った仏像が安置されています。今にも語りかけてきそうな表情ですね。

 

4階の仏像

 

更に上へ上がるとまた違った仏像が続きます。各階にある仏像が違うんですね。

 

5階の仏像

 

それぞれ違った仏像が見れる有意義な時間ですが仏塔は10階くらいあります。

 

6階の仏像

 

ここにある仏像がちょうど中間辺りです。

 

8階の仏像

 

そろそろ一番上の階に近づいてきました。当たり前ですが上の階に行くほど、塔内のスペースは小さくなってきます。

 

最上階の仏像

 

そして最上階に着きました!最上階の中央部には小仏塔があります。

 

金色に輝く仏像

 

金色に輝く美しい仏像です。

 

最上階から見えるワットムアンの仏像

 

窓から外を見てみると、これから向かうワット・ムアンの巨大仏像も見えます。

 

 バンコク、チャチュンサオを観光し次に向かうは古都アユタヤです。 ここアユタヤは観光ではなく、レンタルバイクを借りて少し離れたアントンにある巨大仏像...

 

最上階からの眺め

 

ここから眺める景気は360度見渡せて、のどかなタイの田舎町という雰囲気がとても良かったです。

 

ワット・ターイットを参拝して感じたことは、1つ1つの仏像の表情が素晴らしく、いろんな表情の仏像があるんだなと勉強になりました。

 

寄り道した2つの寺院

ワットパーモークウォラウィハーン

 

アユタヤからアントンに向かう途中に、涅槃仏がある寺院と大仏がある寺院を見に行きました。

 

涅槃仏

 

涅槃仏があるのはワット・パーモーク・ウォラウィハーンという寺院です。それほど大きくはないですが金色のきれいな涅槃仏でした。

 

大仏

 

そしてアントン中心部からも近いワット・トンソンの大仏も大きかったですね。

 

まだまだ沢山の寺院や面白いところがこの辺りには多いので、次回また来てみたいと思います。

 

まとめ

アユタヤからワット・ムアンへ行く途中に寄った寺院の数々です。タイにはいろんな形の寺院や仏像があるんだなと改めて気づきました。

 

 タイの東北部のことを、こちらではイサーンといいます。バンコクやチェンマイと比べるとまた雰囲気の違った所で、乾ききった赤土の大地が印象的です。 このイサーン地...

 

 世界には世界三大瀑布だとか世界三大料理とか三大〇〇とつくものが色々ありますが、東南アジアにも三大仏教遺跡と言うものがあり「カンボジアのアンコールワット...

 

こちらはミャンマーの遺跡です⬇

 

 ミャンマーには数多くの遺跡が存在しますが、ミャンマー中央部にあるタウンジーという町の近郊にカックー遺跡というところがあります。 パガン遺跡などとは...

 

まだまだ知らない所もあると思うので、タイへ来た時には色々回ってみたいですね。次は誰もが知ってるキャラクターを見に行きます!

 

 - アジア, タイ