タイのカオサンで有名な20バーツラーメンを紹介!なんでこんなに安いの!

      2018/03/03

ラーメン屋のメニュー

 

タイ、バンコクの安宿街で有名なカオサンロード。今は、そんなに割安感はないものの、探せば安い所もまだまだあります。

 

カオサンも安宿街というよりも、観光スポット的な場所になっているので、あまりお得感はない感じですよね。

 

昔から変わらない場所もいくつかあるんですが、その中でも、今だに安く提供してくれているラーメン屋さんがあるんですね。

 

今回は、このラーメン屋さんを紹介したいと思います。

 

 

カオサンで有名なラーメン屋さん

ラーメン屋台

 

タイの屋台やフードコートなどで、ラーメンを注文すれば40〜50バーツはするものを、20バーツで食べさせてくれるところがあるんです。

 

今回は、カオサンで有名なラーメン屋さんを紹介したいと思います。

 

ラーメン屋さんの場所

カオサンにロードのラーメン屋

 

場所の方から説明すると、カオサンロードではなく、1本裏の通りになります。場所がわかりにくいかもしれません。

 

1本裏の通りから、細い路地に入って、20m程入ると右手にあります。路地入り口の反対側には、セブンイレブンがあります。

 

ここは、朝から昼前ぐらいには終わってしまうので、朝のうちがオススメです。

 

タイのラーメンの種類

ラーメン メニュー

 

タイのラーメンは、米粉から作られた、クティオという麺と黄色い卵麺から作られたバミーという2種類の麺があります。

 

ここのラーメン屋さんは、クティオ、バミーともにあります。日本人からしたら、どちらかと言えばバミーの方が合います。

 

汁あり、汁なしとありますが、値段が値段なので、大概の人は両方頼んでいるようです。これでも40バーツ(120円)ですからね。

 

ラーメンが値上がりしていてショックだった

以前は、ここのラーメンが10バーツで食べられたのですが、タイの物価上昇などもあり、20バーツに値上がりしていました。とてもショックでした。

 

朝早いうちに行くと、以前はワンタンも一緒に入れられることもありましたが、今は、ワンタンを入れると10バーツ上乗で、30バーツの値段になっていました。

 

ほんとにこの値段で、やっていけるのかと、いつも思っていたのですが、仕方がないですよね。

 

安い!うまい!早い!

以前は、衛生面で気になるところもあったのですが、今は、小ぎれいになっていて、問題ないし、味も変わらず美味しかったです。

 

安い、うまい、早い。と三拍子揃ってます。ここより安いラーメン屋はタイでは見たことがないので、1度食べてみると良い思い出になるのではないでしょうか。

 

タイのラーメンの食べ方

タイラーメンの調味料

 

タイのラーメンは、日本のラーメンと違って、自分で味付けし、好みの味で食します。

 

テーブルの上には、4種類の調味料が入った物とナンプラー(タイの魚醤)が置いてあります。

 

ラーメンの味付けの仕方

 

  • ラーメンが運び込まれてきたら、先ず1口スープをすすぎ、どんな味なのか味見します。

 

  • 次に、唐辛子を入れますが、たくさん入れると後で口から火が出るので、少しだけ入れます。

 

  • 次は、砂糖を入れ、唐辛子の入った酢、ピーナッツも少し入れ、最後にナンプラーを入れます。

 

  • それを混ぜて、レンゲですすぎ味見します。

 

自分で味を作る

タイラーメン

 

最初は、どんな味がベストなのかわからないと思いますが、タイのラーメンは、自分の味を作っていけばいいのです。

 

いろいろ試行錯誤して自分の味にして下さい。

 

タイ人の作ったラーメンは、日本人には辛すぎて飲めません。日本人流の味を自分で作るしかないです。

 

私流の味付け

それでも、どうしたら良いかわからなければ、私の味付けを参考にして下さい。

 

  • 唐辛子:小さじ2分の1程度

 

  • 砂糖:スプーン1杯から2杯

 

  • 唐辛子入り酢:スプーン3〜4杯

 

  • ナンプラー:2,3振り

 

  • ピーナッツ:スプーン1杯

 

味付けに困ったら

調味料を混ぜて出来上がったものを飲むと味が辛すぎたり、酸っぱすぎたりすることがあります。

 

そんな時は、辛い時は砂糖を多めに入れる。辛さが少し和らぐけど辛いのは辛い。

 

酸っぱい時は、ナンプラーを少し足していくと和らぎます。

 

そんなこんなで、味を調整していきながら、好みの味を見つけて下さい。

 

自分の味を忘れないで

最初はうまくいかないと思いますが、何回も食べてくうちに、自分流の味を作ることができるので、とにかく食べるしかないです。

 

そのうち、自分の味を決められると、また食べたくなると思います。

 

他の麺料理などにも応用できる

パッタイ

 

この自分流の味付けは、他の麺料理などにも応用できるので、1度味を決めてしまえば後は楽です。

 

パッタイやおかゆなんかにも応用できます。

 

タイの食事のマナー

ラーメン

 

タイでは日本とは違うマナーがあるので、注意しましょう。

 

タイの食事マナー

まず、日本人がやりがちなのが、ラーメンをすする時の音、タイではマナー違反になります。

 

ズルズル音を立てるのは、日本人としては当たり前ですが、日本以外ではマナーが良いふうには思われませんので注意しましょう。

 

あと、器を持ち上げたままスープを飲むこともよくありません。タイ人に笑われます。

 

文化の違いがあるからおもしろい

ですが、日本人からしてみれば、タイ人が最後までご飯を食べず、残しているのはどうなのかなと思います。

 

タイでは、残すのが当たり前で、きれいに食べてしまうと恥ずかしいことなのだそうです。

 

日本人として、よくわかりませんが、文化の違いなんでしょうね。

 

 海外はじめてタイ旅行はじめてだと、何もかも未知の世界で知らないことばかりです。それでも楽しく旅して帰国したいですよね。 そこでオススメなタイ旅行の...

 

まとめ

ラーメン調理中

 

タイのラーメンは、暑い国だからこそ、この様な味付けになるのかなと思いますが、これを日本で食べると少し感じ方が違ってくるので、面白いなと思います。

 

自分の味に落ち着き何回も食していると、無性に食べたくなる時があるんですね。

 

ここまで来たら、その味付けが自分に合っているということなんです。

 

そうすると、またタイに行きたくなるんですよ。

 

航空券やホテル探しならサプライスがオススメです。

 

 海外旅行に行くために航空券を買いますが、どこで買えば1番お得なの?と思うことがよくあります。 最近ではLCC(格安航空会社)が増えてきたこともあり、価格競争...

 

 - アジア, タイ