スパンブリーの地獄寺ことワット・パイ・ロン・ウアに行ってみた!他にも色々見所があるよ!

      2020/02/16

スパンブリーのワットパイロンウア

 

タイ国内には日本人からすると奇妙な寺院がたくさんあるのですが、前回訪れた「ワット・ムアン」にあるような地獄寺と同じ様なものがスパンブリーにあります。

 

 バンコク、チャチュンサオを観光し次に向かうは古都アユタヤです。 ここアユタヤは観光ではなく、レンタルバイクを借りて少し離れたアントンにある巨大仏像があるワット・ムアンへ行きました。 寺院内には他にもキラキラしている寺院や、地獄を表した像などがすごかったのでご紹介したいと思います。  アントンのワット・ムアンへの行き方 ワット・ムアンへ行くにはアントンという町が拠点になります。バンコクからもバスはありますが寺院までは少し距離があります。 私は他にも行きたいところが...

 

今回、その地獄寺で有名な寺院の「ワット・パイ・ロン・ウア」に行ってきました。

 

バンコクやアユタヤからもバスやバンで行くことができアクセスは簡単です。私はアユタヤでレンタルバイクを借りて地獄寺を目指しました。

 

 

行き方

ワットパイロンウアの地図

 

スパンブリーの地獄寺「ワット・パイ・ロン・ウア」に行くには、バンコクのモーチットバスターミナルからバスで行くことができます(恐らく途中下車になるかと)

 

 バンコクの路線赤バスシリーズです。今回も旅行者がとてもお世話になる3番赤バスをご紹介したいと思います。 この3番赤バスを乗りこなすことができれば、移動が楽になり行動範囲が広がるので覚えておくと便利ですよ。 バスのルートや主な見どころを紹介したいと思います。  路線赤バスの3番 赤バスの3番は私もよく利用するバスの1つですが、主にモーチット(北バスターミナル)やチャトチャック(ウィークエンドマーケット)などに行く時によく利用します。 このルートはスクンビット方面と比べると、...

 

私はアユタヤに滞在していたのでレンタルバイクを借りて行きました。

 

アユタヤに来るのは、20年ぶりくらいになるのですが、無性に行ってみたくなり、久しぶりに3等列車を利用して行くことにしました。 アユタヤといえば、誰もが世界遺産で有名な場所と思うに違いありません。 ですが、私にとってのアユタヤといえば、怖い犬がたくさんいる世界遺産の町になります。 よく旅行者が犬に噛まれる場所でもあるので、さけていたのですが、久々に出かけてみました。  バンコクからアユタヤへの行き方  3等列車が1番安く、運賃は15バーツ。所要時間、2時間。  バスは、北バスター...

 

バンでも行けるようで片道70Bだとか。レンタバイクは1日借りても200Bです。

 

行き方も簡単ですが安全運転で行きましょう!

 

年会費永久無料のエポスカードがあれば、海外旅行傷害保険が自動付帯なので1枚あると心強いですね。

 

【エポスカード】

 

 海外旅行に行った先で、車でドライブしたりバイクに乗って観光したいと思ったことのある人は多いと思います。 海外で車やバイクを運転しようとしても、日本で取得した免許証では運転ができません。ですが日本で手続きさえしてしまえば、海外でも運転ができるようになります。 そこで必要になるのが「国際運転免許証」というものです。 手続きも簡単なので運転の予定があるのなら日本で取得していきましょう。 国際運転免許証とは 国際運転免許証とは、日本人が日本国外で自動車やバイクを運転する時に...

 

 バンコからタイ鉄道3等列車でアユタヤまで来て、アユタヤ、アントン、スパンブリーをバイクで駆け巡り観光しました。 そろそろ移動しないといけないので、アユタヤから3等列車でピサヌロークまで行くことにしました。 約6時間30分とちょっと移動時間が長いですが列車で向かうことにします。  行き方 タイ鉄道でアユタヤかピサヌロークまで行くことができます。3等列車だと58Bで6時間30分かかります。  アユタヤ駅構内には無料Wifiが使えて待ち時間も退屈しなくて良かったです。  &...

 

ワット・パイ・ロン・ウア

座像

 

アユタヤからバイクを走らせ約1時間「ワット・パイ・ロン・ウア」に到着です。

 

遠くに見える大仏

 

手前まで来ると大きな大仏や仏塔が目を引きます。拝観料とかはなく自由に出入りできます。

 

大きな道路から路地を入って行くと、タイのきれいな寺院や地獄寺が見えてきました。ここで駐車します。

 

ワットパイロンウア

 

大きな赤鬼の像が印象的です。

 

大仏

 

まず、大仏像があるエリアを見て周ります。ほんとに大きな仏像です。しかも美しい。

 

沢山の座像

 

大仏像の後ろ側には沢山の座像がいっぱいです。

 

後ろから見た大仏

 

後ろから眺める大仏も美しいですね。

 

仏塔

 

そして、インドのブッタガヤーを思わせる仏塔もすごく美しいです。

 

ワットパイロンウアの大仏

 

振り返ってみると大仏の大きさがよくわかります。

 

寺院

 

意外と見どころが多いんですね。

 

仏像の手

 

仏像の手がすごく良い感じです。

 

たくさんの亀

 

池には沢山の亀がいます。

 

橋

 

そして地獄寺へと続く橋をわたります。

 

入り口

 

入り口には鬼の像。う〜。

 

釜茹地獄の像

 

敷地内には、これでもか〜と言う感じで、悪いことをすればこうなるんだよ〜と戒める像がたくさんあります。

 

拷問の像

 

やっていることは目を伏せたくなるものが多いですが、あまり怖さがないのでタイらしいなと思いました。

 

地獄絵図の像

 

そして前回の地獄寺で見たような木に登っているものや。

 

遠くに見える巨大な像

 

巨大な像2体が遠くに見えます。

 

巨大な像

 

前回見たものはスカートを履いていたけど今回はモロ見えです。しかしデカイですねー。

 

ワットパイロンウアの寺院

 

その背後には寺院があり参拝客でいっぱいでした。

 

タイの寺院

 

その後、最初に見えた寺院を見て終了です。

 

意外と楽しめたと言うか、来てがっかりするようなことはなかったので、1度来てみてはいかがでしょうか。

 

タイには他にもこのような地獄寺がまだまだあるようです。機会があればまた行ってみたいと思います。

 

 

まとめ

タイの地獄寺巡り第2弾ということで、スパンブリーの「ワット・パイ・ロン・ウア」に行ってました。

 

前回の「ワット・ムアン」の時の衝撃とは裏腹に、何も見ても何も感じない自分が少し怖くなってきました。

 

なかなかこの様な寺院を見る機会も少ないかと思うので、タイに来たときには訪れてみましょう!

 

 アユタヤでレンタルバイクを借りてワット・ムアンやワット・ターイットを巡り、そのままスパンブリーの方へ移動しました。 ここではワット・サムパシウという寺院内の壁画に、あの誰もが知っているドラえもんなどのキャラクターが隠れて描かれているということで見に行くことにしました。  ワット・サムパシウの行き方 スパンブリー中心部からは少し離れているので、バイクタクシーかソンテウを利用することになるかと思います。 ソンテウは寺院近くを通るものがあるので、そこから歩いていくことも可...

 

 アントンのワット・ムアンへ行く途中に寄り道してワット・ターイットに行きました。 ここの寺院の形がユニークで、仏塔の最上階まで上がれるということです。遠くには、この後向かうワット・ムアンの仏像も見ることができます。 アントンには他にも沢山の寺院があるので、時間があれば色々見て回りましょう。  行き方 アントン中心部からは、それ程遠くはないのでレンタルバイクだとすぐ着きます。 アントンバスターミナルからも1011番のバスで15分、運賃は15Bです。 バンコクからアントンへ...

 

 スパンブリーのワット・サムパシウでドラえもんだらけの壁画を鑑賞し、次に向かうは巨大龍が博物館になっている中国寺院に行きました。 予想よりも大きくて寺院内には七重の塔なんかもあり意外と見どころがあります。 夜のライトアップもすごくきれいなんですが時間がなくて見れずとても残念でした。  行き方 巨大龍の博物館はスパンブリー中心部に位置しているので、バスやバン、電車で来ることができます。バイクで移動ならとても楽です。  アユタヤ、アントンからもバスやバンがあるので...

 

 - アジア, タイ