南インド最高の朝日が見れるラーマーヤナ伝説の地ラーメーシュワラム!

      2018/03/08

ラーメーシュワラム 橋

 

インド大陸から細長く伸びた半島に入り、大きな長い橋を渡ります。その先は、もうラーメーシュワラム。ラーマーヤナに出てくる伝説の地。

 

ラーメーシュワラムから先は、アダムス・ブリッジといい、小島が点々と連なりスリランカまで続きます。すぐそこはスリランカです。

 

 

行き方

インド バス

 

チダムバラムを後にして、ラーメーシュワラムに向かいます。最短ルートを取るために、海岸沿いをバスを乗り継いで目的地に向かいます。バスで6時間。

 

マドゥライからバスで4時間。

 

 チダムバラムの塔門を以前から見てみたいと思っていたのですが、今回の旅でやっと来ることができました。 南インド東海岸部は、都市間の距離が短くバスの本...

 

巡礼地ラーメシュワラム

ラーマーヤナ

 

ラーメーシュワラムはインドの巡礼地の一つでもあり、インド叙事詩「ラーマヤーナ」にも出てくる伝説の地となっているところです。

 

そんな場所に来ることができるなんて素晴らしい。早速、この町で巡礼者が参拝に来る、ラーマナータスワーミ寺院に参拝に行きます。

 

たくさんのヒンドゥー教徒が、参拝に次から次へとやって来ます。それにまじり、私も一緒になって参列します。

 

中は大きく広く、彫刻も素晴らしく、巡礼地らしい雰囲気が漂っています。

 

朝の沐浴風景

ラーマナータスワーミ寺院の裏手に、アグニ・ティータームの沐浴場があり、朝早くから、大勢のインド人が集まりだします。

 

朝日を浴びながら沐浴するのが、ヒンドゥー教徒の朝の始まり。日の出と共に沐浴している巡礼者は、今、なにを考え祈っているのだろう?

 

来世への幸せのため、家族のため、祈るインド人の姿が朝日と共に輝いていた。

 

朝の沐浴風景を見ていたら、こっちまで、清々しい気持ちになり、この伝説の地にいることが、嬉しかった。ここがラーメーシュワラムなんだ。

 

ホテル

ホテルの数は、巡礼地の為、たくさんあり宿探しに困ることはありません。徒歩で回れるほどの規模だし、安く宿泊する所もありました。

 

まとめ

ラーメーシュワラム 山

 

スリランカまで目と鼻の先にある、巡礼地ラーメーシュワラムは、今も伝説の地となる素晴らしい場所です。

 

今まで、朝日より夕日のほうが絶対きれいだと思っていたんですが、朝日も素晴らしいですね。

 

朝日を浴びながら、沐浴しているインド人を見ていたら、そう思うようになりました

 

このまま、スリランカまで行けたらなーと思いながら、インド最南端の町、カニャークマリを目指します。

 

 - アジア, インド