バンコクのワット・パクナムで宇宙を感じる!インスタ映えで有名な寺院!

   

バンコクのワットパクナム

 

バンコクのインスタ映えスポットとして有名な、ワット・パクナムという寺院がパーシーチャルーン区にあります。

 

この寺院内の最上階にある仏塔と天井画が、色彩豊かで神秘的、幻想的、まるで宇宙と繋がっているような感覚にもなる不思議な寺院です。

 

いつまでも眺めていると、ほんとに吸い込まれそうで、とても美しかったです。

 

中心部からもMRTやバスで近くまで行けるので時間があれば行ってみましょう!

 

 

中部国際空港セントレアからバンコクへ

中部国際空港

 

今回のタイ・バンコク行きは中部国際空港セントレアからの出発です。

 

 今回、バンコク行きの出発が中部国際空港からだったのですが、中部国際空港(セントレア)⇔イオンモール常滑間を無料往復シャトルバスが運行していることを知りました。 電車で約2,3分と短い距離ですが、少し節約できるので中部国際空港発着の方は利用してみては如何でしょうか。  中部国際空港⇔イオンモール常滑間の無料シャトルバス 中部国際空港⇔イオンモール常滑間を往復する無料シャトルバスは誰でも利用できます。 毎日運行していて時間も約15分で移動できます。 1日の運行時間は午前10時から...

 

タイ・エアアジア

 

航空券も安く購入でき、タイ・エアアジアで往復16360円でした。

 

エアアジアでバンコク行きのチケットを予約したので、予約完了までのやり方を説明したいと思います。 エアアジアのチケット予約の仕方まず、プロモーションなどの情報を入手するために、会員登録をすることをおすすめします。登録すると、予約作業も楽なのでスムーズに予約できます。行き先、日時を選択する往復か片道を選択し、出発する空港と到着する空港を選択します。私はバンコク行きなので、関空ーバンコクを選択します。出発日、帰国日の決定次に、出発日、帰国日、人数を選択し、検索をクリックします。画面が切り替わり、往...

 

バンコクに着き最初に訪れたのが、パーシーチャルーン区にあるワット・パクナムという寺院です。

 

ワット・パクナムの行き方

ワットパクナムの地図

 

バンコク中心部から行くのであれば、MRTでBang Phai駅まで行き、そこから歩いても10分ほどで到着します。

 

歩くのがダメならバイクタクシーが、Bang Phai駅近くで待機しているので利用しましょう。

 

Talat Phluの地図

 

BTSだとTalat Phlu駅まで行き、そこからソンテウに乗り換えて行くことができます。

 

私はカオサンに滞在していたので、カオサンから赤バスの3番でウォンウィエンヤイのロータリーまで行き、赤バス7番に乗り換えてMRTのBang Phai駅手前のバス停で下車しました。

 

 バンコクの路線赤バスシリーズです。今回も旅行者がとてもお世話になる3番赤バスをご紹介したいと思います。 この3番赤バスを乗りこなすことができれば、移動が楽になり行動範囲が広がるので覚えておくと便利ですよ。 バスのルートや主な見どころを紹介したいと思います。  路線赤バスの3番 赤バスの3番は私もよく利用するバスの1つですが、主にモーチット(北バスターミナル)やチャトチャック(ウィークエンドマーケット)などに行く時によく利用します。 このルートはスクンビット方面と比べると、...

 

そのバス停から路地に入り10分ほど歩くとワット・パクナムに着きます。

 

中心部からバスで行く場合は、エアコン、赤バスの4番がワットパクナム近くまで運行しています。そこから歩いても5分ほどです。

 

王宮前広場から80番バスで乗り換えなしで、Bang Phai駅を通過するので手前で下車し、そこから歩いて行けます。

 

 タイの東大といえばタマサート大学ですが、ここは、王宮のすぐ側にあり、安宿街で有名なカオサン通りからも近いです。 このタマサート大学内の食堂が、安くてうまい事で有名なので、どんなところなのか紹介したいと思います。タマサート大学の食堂 ここの食堂は、一般の人も自由に出入りができ、食堂で学生と一緒に食事を取ることも出来ます。もちろん外国人も自由に出入りできます。 2フロアーに分かれていて、全部で12店舗ほどの店があり、タイ料理やデザートなどを食べることが出来ます。 全部の店ではな...

 

バスで行かれる方は「Via Bus」という、バンコクの路線バスルートを調べられるアプリがあるので、インストールしておくと便利です。

 

ViaBus

ViaBus
開発元:Intouch Marsvongpragorn
無料
posted withアプリーチ

 

ワット・パクナム

遠くに見える寺院

 

バス停から歩いて行くと遠くにワット・パクナムが見えました。

 

そのまま更に進んで行くと約10分程でワット・パクナムに到着です。

 

ワットパクナムの地図

 

寺院近くにはワット・パクナムの地図が掲げてあります。

 

案内板

 

日本語だと「緑ガラス仏塔」となるようです。

 

ワット・パクナムの正式名は、ワット・パクナム・パーシーチャルーンといいます。

 

修復中の大仏

 

大きな仏像は修復中です。

 

ワットパクナム

 

白い大きな寺院が近くにあり、この寺院の最上階にインスタ映えスポットとして有名な天井画と仏塔があります。

 

仏像

 

入り口は2ヵ所ありますが、右側の方は展示室になっていて見応えも十分ありました。

 

入り口

 

そして一旦外に出て寺院の中へ移動します。

 

注意書き

 

入り口には注意書きが書いてありました。

 

参拝所

 

ここも展示やお参りする場所が各階にあります。

 

階段

 

そして階段を上がり最上階に着きました。

 

ワットパクナムの仏塔

 

思わず、うわ〜!すごい!きれい!と見とれてしまいます。

 

ほんとにインスタ映えの場所としては素晴らしい所だと思います。

 

仏塔

 

辺りを見回すと日本人の観光客の方がほとんどで、思い思いに写真なりビデオなり撮影していました。

 

緑の仏塔

 

注意書きにもあったのですが、この神聖な場所でヨガのポーズやダンスをして撮影している方が過去にはいたようなんですね。

 

と思ったら、ヨガのポーズをして撮影している日本の方が...。

 

輝く仏塔

 

この中心にある仏塔が緑色で天井画が反射して、近づくにつれ輝きが増す、遠ざかると暗くなるという不思議な現象がおきます。

 

天井

 

照明とかではないと思うのですが、なぜ輝くのだろうと不思議に思いました。

 

神秘的な仏塔

 

天井画が美しく仏塔とのコントラストがまばゆいです。

 

緑ガラス仏塔

 

どの角度から見ても美しく、移動するごとに、遠近、上下、方向によって微妙に感じが変わり、更に不思議感が増します。

 

ワットパクナムの緑仏塔

 

ずーと眺めながら移動していると、宇宙空間をさまよっているような感じにもなり、吸い込まれそうな感じにもなりました。

 

ワットパクナムの壁画

 

壁画もすばらしいです。

 

仏塔と天井

 

最初は5分くらいで満足するだろうと思ったけど、結局30分位いてしまった。すごく良いところだと思います。

 

幻想的な仏塔

 

また次回バンコクに来ることがあれば、かならず行くと思う場所になりました。

 

おすすめな寺院です。ほんと萌え萌えなインスタ映えスポットでした。

 

まとめ

このワット・パクナムの存在は以前から知っていたのですが、実際に来てみるとタイにはすごい所がまだまだあるんだなと思うようになりました。

 

バンコク中心部からそれ程遠くはないし、行き方も難しくもないので、バンコクの観光スポットの1つに入れた方が良いと思います。すごーくオススメです。

 

ただ、くれぐれもマナーを守って行動して頂きたいですね。タイの方に迷惑がかからないように気をつけましょう!

 

 タイに来るのは約1年振りで、ほんと久しぶりに来ました。今回の旅もタイの面白そうな所へ行き、美味しい食べ物を食べタイを満喫したいと思います。 バンコクでは、1度見に行きたかったアイコンサイアム高島屋の中にある水上マーケット風のものや、大好きなターミナル21でタイ料理を食べてタイ旅をスタートしたいと思います!  早速ターミナル21へ行きタイ料理を食べる! タイ料理は、世界3大料理になっても良いと思うくらい奥が深く、自分の味に合わせて食べるタイ料理のスタイルも大好きです。 人によ...

 

 バンコクの観光で王宮に来る人は多いと思いますが、王宮や安宿街のカオサン通りに近くてアクセスしやすく、丘の上にひときわ目につく寺院があります。 過去に何度か訪れた事がありますが、久しぶりにワット・サケットに行ってみました。 行き方カオサン方面からバスで行く カオサンに滞在しているのなら、15分程で歩いても行けますが、暑いタイではバスに乗って移動したほうが楽だし疲れません。 バスも赤バスの、「2、15、47、59、60番」等に乗れば近くを通ります。無料の赤バスもあるので利用すると文字通...

 

 タイを旅行する時にインターネット接続はどのようにしていますでしょうか? 海外ローミング?レンタルWifi?現地でSIMカードを購入?と、選択肢は色々とあります。 日本とタイは当然ながら通信環境が異なるので、現地のSIMカードを購入して利用するのが経済的で最も理想的です。 ホテルやショッピングセンターでも無料Wifiが飛んでいるので利用はできるのですが、初めてのタイ旅行で現地でSIMカードを購入&設定とかって大変ですよね。 ですが、日本に居る間にタイのSIMカードをアマゾンで購入することがで...

 

 - アジア, タイ