太陽が海から昇り海へと沈む唯一の場所!インド最南端の聖地カニャークマリ!

      2018/03/08

朝日

 

インド最南端のヒンドゥー教徒の聖地カニャークマリが、昇る朝日と海に沈む夕日が見れる唯一の場所ということで、ラーメーシュワラムから、カニャークマリに向かいました。

 

巡礼者にとっては、1度は訪れたい聖なる場所でもあり、たくさんの参拝者が来ています。

 

南インド最高の朝日が見れるラーマーヤナ伝説の地ラーメーシュワラム!

 

行き方

ラーメーシュワラムからバスで6、7時間。

 

マドゥライからバスで6時間。

 

トリヴァンドラムからバスで3時間。

 

コモリン岬

コモリン岬

 

カニャークマリのことを、別名コモリン岬とインドの人は呼んでいる。インド大陸の最南端、昇る朝日と沈む夕日が見れる唯一の場所。

 

アラビア海、インド洋、ベンガル湾がまじわる、巡礼者たちにとっては、聖なる場所の1つでもあります。

 

その聖なる場所に来て沐浴し、体を清め、来世の為に祈ることが、ヒンドゥー教徒たちの至福の時なのであろう。

 

ガーンデイ記念堂

ガーンデイ記念堂

 

この記念堂は、マハートマー・ガーンディーの遺灰が、ここから海に流されたことで建てられたものです。

 

クマリ・アンマン寺院

町の由来になった、女神クマリを祀る寺院。クマリは処女神であるため男性は、上半身裸でルンギーを履いて参拝することになっています。

 

ヴィーヴェーカーナンダ

ヴィヴェーカーナンダ像

 

南端のガートまで行くと、左手に、大きな像と建物がある岩が、海上に見えます。

 

ヴィヴェーカーナンダ岩

 

この場所は、ヒンドゥー教の宗教改革者ヴィーヴェーカーナンダが瞑想したことで建てられたもので、ここまで行く渡し船があります。

 

昇る朝日と沈む夕日

沐浴 カニャークマリ

 

同じ場所から、昇る朝日と海に沈む夕日が見れるなんて幸せなことです。聖地としては最高の場所でしょう。

 

朝早く、昇る朝日を見ようと思い、宿の人に何時頃がベストな時間か確認したので、少し早めに行ってみました。

 

まだ少し暗かったですが、人はどこからともなく集まってきて、人の流れにのってガートを目指します。

 

インドの人々

 

ベストな位置を確保して待機し、すると、人がぞくぞく集まってきて、いつの間にか周りにぎっしり人が集まりました。

 

DSC03802

 

少し明るくなり、今か今かと待ちわびるインド人と私。水平線が黄色く輝きだしてきます。きれいだ。

 

カニャークマリ 朝日

 

少しずつ、少しずつ、昇ってきては水面に光を反射させ、黄金色に輝かせるカニャークマリの朝日。最高に美しい。

 

沐浴

 

すると、インド人が沐浴を始めだします。太陽の光を全身に浴びながら、聖なる水で沐浴し祈る姿、なんとも美しい。

 

朝日と沐浴

 

やはりインドには神様がいる。そう思わせる瞬間でした。

 

ホテル

メインロード周辺とクマリ寺院周辺に手頃なホテルがあります。私は、Tri sea cottageに宿泊しましたが、なかなか良かったです。

 

まとめ 

沐浴 朝日 カニャークマリ

 

インド最南端の聖地に来れて本当に良かったと思います。インドは、ほんとに不思議です。

 

見るもの感じるものすべて、心を洗い流して、きれいにしてくれる。奥が深いです。

 

ラーメーシュワラムの朝日もきれいで素晴らしかったけど、ここから見る朝日は、何かが違って見えました。同じ朝日なのに。

 

やはり、ここは聖地なんだと確信しました。

 

 - アジア, インド