インド観光のハイライト!バック・ウォーターの船旅で行く南インド!

      2018/07/01

クイロン

 

インドの旅もいよいよハイライト。ケーララ州のクイロンから、アレッピーまでをクルーズする、バック・ウォーターの船旅に行きました。

 

電車やバスとは違うスピードで行く船旅は、他では味わえない魅力があり、見るもの聞くものすべてが、記憶に残る素晴らしい船旅でした。

 

 

行き方

南インドの地図

 

  • リヴァンドラムからクイロンまでバスで2時間。

 

  • コーチンからアレッピーまでバスで1時間半。

 

 カニャークマリ最高の朝日を見て気分は上々。しかし、行かねばならぬ次の目的地。インド最高と言われるビーチ、コヴァーラムビーチへ。 海が好きな私にとっ...

 

 インド最南端のヒンドゥー教徒の聖地カニャークマリが、昇る朝日と海に沈む夕日が見れる唯一の場所ということで、ラーメーシュワラムから、カニャークマリに向か...

 

 インド大陸から細長く伸びた半島に入り、大きな長い橋を渡ります。その先は、もうラーメーシュワラム。ラーマーヤナに出てくる伝説の地。 ラーメーシュワラ...

 

バック・ウォーターの出発地

バックウォーター旅の場所

 

バック・ウォーターの出発地は、クイロンかアレッピーになり、旅のルートによって、どちらかになります。

 

どちらとも、小さな町ですが、宿泊施設や両替所もあり不自由なことはありません。安く宿泊するには、Booking.comなどの宿泊予約サイトがおすすめです。

 

 

クイロン

コラムの地図

 

トリヴァンドラムからバスで2時間の町。バック・ウォーターの拠点。周りは椰子の木が多く運河もあり、景色も良く南国ムード満点の水郷地帯です。

 

クイロン

 

アレッピー

アラプーザの地図

 

コーチンからバスで1時間半の町。こちらも、南国風情が魅力的な水郷地帯の拠点。

 

アレッピー

 

バック・ウォーターの船旅

船 バックウォーター

 

朝早く、クイロンのボート乗り場に向かいチケットを買います。すぐ目の前に船着き場があり、船が止まっています。

 

看板

 

「KollamーAlappuzha」と書かれている。クイロンのことを、コラムとも呼び、アレッピーのことを、アラプーザとも呼ばれています。

 

乗客

 

乗客は10人程で意外に空いていました。国籍もインド、イギリス、フランス、日本などインターナショナルです。

 

ボート クイロン

 

いよいよアレッピーまでの、バック・ウォーターの船旅が始まります。近くには、チャーター用船もありました。

 

船が動き出し、いよいよスタートです。船のスピードは、早くもなく遅くもなく、ちょうどいい感じのスピードでした。

 

クイロンからアレッピーまで

運河 バックウォーター

 

動き出した船は、順調に進んで行き、椰子の国らしく、周りは本当に椰子の木が、たくさんあります。

 

像 バックウォーター

 

椰子の木と、すれ違うボート、家屋などのバランスが絵になります。しばらくすると、大きな像と教会らしきものが見えてきました。

 

女性像

 

ランプを持った女性の像でした。おお、デカイ。

 

女性像 

 

んん、キュート。何者だろう?混乱した頭の中を整理して、船旅を続けます。

 

チャイニーズフィッシングネット

 

次に見えてきたのは、チャイニーズ・フィッシング・ネットと言われるもので、魚を取るための道具のようです。

 

そこら中に、設置してありどのくらい取れるのだろうか、見てみたかったですね。

 

ボート 椰子の木

 

船と運河と椰子の木がとても絵になり美しい。ゆったり流れる時間と船が南国ムードを漂わせます。良いですね。

 

投網

 

近くを通り過ぎる小さな船におじさん2人、どうやら投網で魚をとっているようです。

 

ボートハウス

 

あそこの、ボートで暮らしているのかな。ほんとに椰子の木が多いです。途中、昼食のため船はとまります。

 

ミールス

 

インド料理とチャイを飲み、体を伸ばし、座りっぱなしだとお尻が痛くなるので、何か引くものがあれば少しは楽かもしれません。

 

ボート 運河

 

美味しいインド料理を食べ終え、再び乗船し出発します。夕方になるに連れて、夕日に照らされた水面が反射して美しい。これが、バック・ウォーターのハイライトなのだろう。

 

ボート バックウォーター

 

少し暗くなり、ようやくアレッピーに着きました。8時間もかかったけど、途中で休憩が入るので、そんなにきつくもなかったです。

 

むしろ快適だったし、きれいな景色を見れたし、南国の風情を感じることができ素晴らしい1日でした。

 

ケーララに来たら、迷わず行きましょう。この後は、コーチンに向かい、インドを後にしました。

 

ほんとに南インドは良かったです。また、来てみたい、いや、かならず来るべき所になりました。

 

おすすめ旅行ガイドブック

 

 

インドにもLCC(格安航空会社)があるので、広いインドの大地を効率よく移動することができます。

 

 前回、東アジア、オセアニア、東南アジアのLCCをご紹介しましたが、まだまだ世界にはたくさんのLCC(格安航空会社)が存在します。 今回は、西南アジアのLCC...

 

まとめ

人々 バックウォーター

 

北インドのイメージをそのまま持ち込んで、南インドに入ったんですが、まったく別な感じがしました。

 

南インドは、南インドです。もっといろんな所にも行きたかったですね。またインドの神様に呼ばれたら行くことになるでしょう。

 

初めて行くインド1人旅なら、大手旅行会社のHISがいろいろ選べてオススメです。

 

HIS

 

 海外に1人旅して自由に旅行したいと思うことは誰しもが考えることです。それを実行できる人と、そうでない人も必ず出てきます。 いろんな事情などがあれば、...

 

 - アジア, インド