西南アジアのLCCはそれほど多くはないが日本とヨーロッパを繋ぐ大事な拠点!

      2018/03/04

飛行機の翼

 

前回、東アジア、オセアニア、東南アジアのLCCをご紹介しましたが、まだまだ世界にはたくさんのLCC(格安航空会社)が存在します。

 

今回は、西南アジアのLCCを調べてみたので、紹介したいと思います。

 

調べていくうちに、いろんな路線がわかってくると、ルート選びが楽しくなり、格安で世界を回れるのは良いもんだなと感じました。

 

 

 

LCCとは

website-of-pegasus-airlines

 

LCCとは、Low Cost Carryの頭文字を略称され、「格安航空会社」のことを意味します。

 

低価格運賃、効率化の向上、サービスの簡素化により、費用を抑えることで、安く航空券を販売することができます。

 

 今や、海外、国内の移動には、LCC(格安航空会社)を利用するのが当たり前になってきました。 レガシーキャリア(既存のフルサービス航空会社)や電車などよ...

 

 東南アジアのLCC(格安航空会社)には、エア・アジアやセブ・パシフィック航空等の格安航空会社があり、一度は耳にしたことがある人は多いと思います。 その...

 

西南アジアのLCC

タージマハル

 

西南アジア(インド、スリランカ、パキスタン、トルコ)のLCCは、アジア方面の他に、ヨーロッパ、アフリカ方面が新たに加わってきまます。選択肢が増え、いろんなルートを考えることが出来ます。

 

名前を聞いたことがない航空会社ばかりですが、人気のある格安航空会社は必ず1つはあるので、うまく利用すれば問題ないでしょう。

 

どこの国にLCCがあり、どの方面に路線があるのかさえわかれば、縦横無尽に世界中を飛び回れるので、楽しい旅が出来上がることになります。

 

インドのLCC

エア・インディア・エクスプレス

親会社(エア・インディア)によって設立された格安航空会社。本拠地は、インドのムンバイです。

 

主に国内線、中東、東南アジア路線を運航しています。

 

スパイス・ジェット

本拠地はインドのグルガーオン。国内線とスリランカ、ネパールなどの国際線があり、スリランカに行くのに利用しやすいですね。

 

インディゴ・エアラインズ

本拠地はインドのグルガーオン。国内線と中東、東南アジア路線があります。

 

ジェット・ライト

本拠地はインドのニューデリーで、 国内線のみ運航しています。

 

スリランカのLCC

ミヒランカ航空

スリランカのコロンボが本拠地で、主に国際線、中東、東南アジアなどに運航しています。モルジブやセイシェル行きもありますね。

 

パキスタンのLCC

エア・ブルー

本拠地はパキスタンのイスラマバードで、国内線と中東路線があります。

 

シャヒーン・エア

パキスタンのカラチを拠点にしており、主に国内線と中東路線があり、イギリスのマンチェスターと中国の広州行きがありますね。

 

トルコのLCC

ぺガサス・エアラインズ

トルコのイスタンブールが本拠地で、国内線とヨーロッパ、中東、北アフリカ、中央アジア、インドなど魅力ある路線が多数あり、気になるLCCの1つです。

 

サンエクスプレス

トルコのアンタルヤが本拠地、国内線とヨーロッパ、北アフリカ、アジアを中心に運航しています。

 

アトラスグローバル(旧アトラスジェット)

トルコのイスタンブールを本拠地とし、国内線とヨーロッパを運航しています。

 

オヌア・エア

トルコのイスタンブールを本拠地とし、国内線とヨーロッパ、イランなどの路線があります。

 

コレンドン・エアラインズ

トルコのアンタルヤが本拠地で、主にヨーロッパを運航しています。ドイツ路線が多いですね。

 

まとめ

トルコのモスク

 

個人的にはトルコのLCCが重要になるのかなと思います。

 

昔から、トルコのイスタンブールは、格安航空券を取り扱っていた有名な場所でもあり、路線も充実しているので使い勝手があると思います。

 

日本からヨーロッパまで行こうとする時、長距離移動のため時間がかかり過ぎますが、LCCを何回かに分けて利用すれば、移動疲れもそれほど苦にならないです。

 

その為には、西南アジア、東南アジアが重要な拠点となり、LCCの路線を把握しておくことで、世界の空を自由に飛び回れる事ができますね。

 

 - LCC