南北アメリカのLCCも多く大陸縦断・横断するにはとても貴重な移動手段!

      2018/03/04

マリブビーチ

 

東アジアのLCCから始まり、南北アメリカのLCCで世界の国々のLCCが出揃いました。

 

世界中の主な地域にはLCCが多くあるので、格安で利用することができ本当に便利になりました。

 

それぞれの地域には、評判のいい格安航空会社が必ず1つはあるので、それだけを利用しても問題ないでしょう。

 

これからもLCCは増えたり減ったりするでしょうが、最近はレガシーキャリアもLCCに負けずと格安な運賃を提示しているので、ますます価格競争が激化することにもなることでしょう。

 

アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、ウルグアイのLCCを紹介します。

 

 

南北アメリカのLCC

南北アメリカのLCCは、アメリカがやはり多く、利用頻度も高くなり便利な移動手段となるでしょう。

 

日本から南米へは遠く時間もかかるので、飛行機を効率よく使わないと疲れます。

 

アメリカを拠点にすれば、主な地域に効率良く行くことができ、必要不可欠なものとなります。

 

あまり安いイメージはないですが、バスの運賃とさほど変わらないので、早く行ける飛行機が断然おすすめなわけですね。

 

ヨーロッパに比べれば少ないですが、利用価値は充分高いので利用することをおすすめします。

 前回、東アジア、オセアニア、東南アジア、西南アジアのLCCをご紹介しましたが、今回は、中近東とアフリカのLCC(格安航空会社)を紹介したいと思います。 日本のはるか遠くにある中近東、アフリカ。日本からLCCで行く路線もありますが、長旅になるゆえ少々疲れます。 これらの地域は、ヨーロッパや西南アジアなどからは近く、移動時間も少なくすむため、容易にアクセスすることができます。 世界一周旅行やヨーロッパ、アジア旅行などと合わせて利用したい格安航空会社となるでしょう。  LCCとは&nbsp...

 

 世界には、LCC(格安航空会社)がたくさんありますが、その中でも軍を抜いて多いのがヨーロッパのLCCです。 ヨーロッパは、バスや鉄道などの交通が発達しているので、それだけでも充分問題なく快適なんですが、とにかく移動費が高くなってしまい困ります。 そこで、登場するのがLCCなわけです。ヨーロッパにある各国のLCCを調べてみました。  LCCとは LCCとは、Low Cost Carryの頭文字を略称され、「格安航空会社」のことを意味します。 低価格運賃、効率化の向上、サービスの簡素化により、費用...

 

アメリカのLCC

ニューヨーク

ジェットブルー・エアウェイズ

アメリカの格安航空会社です。アメリカ国内線とメキシコ、カリブ海諸国、南米北部への国際線を運航しています。

 

エアトラン

フロリダ州・オーランドを拠点にしているアメリカの格安航空会社です。

 

フロンティア・エアラインズ

アメリカのコロラド州デンバー国際空港を本拠地としている格安航空会社です。アメリカ国内及びメキシコ路線を運航しています。

 

サウスウエスト・エアラインズ

アメリカのテキサス州ダラスを本拠地としている航空会社です。

 

スピリット・エアラインズ

定期便及びチャーター便を運航しているアメリカの格安航空会社です。フロリダのミラマーを拠点にしています。

 

サンカントリー・エアラインズ

ミネソタ州ミネアポリスを拠点に、定期便及びチャータ便を運航しています。アメリカ国内とメキシコ、カリブ海諸国、コスタリカなどの路線をもつ航空会社。

 

ヴァージン・アメリカ

アメリカのカリフォルニア州バーリンゲームに本社を置く格安航空会社です。イギリスのヴァージングループによって設立されました。

 

アレジアント

アレジアント・エアは、アメリカの格安航空会社です。

 

カナダのLCC

ナイアガラの滝

キャンジェット

カナダのチャータ便を運航する格安航空会社。カナダのノバスコシア州ハリファックスが本拠地。

 

チャータ便として、カナダ、アメリカ、バハマ、キューバ、ドミニカ共和国、ホンジュラス、ジャマイカなどの路線をもっています。

 

エア・トランザット

カナダのケベック州モントリオールを本拠地とする航空会社。就航地は90都市。

 

エア・カナダルージュ

エア・カナダの子会社で、49都市に就航する格安航空会社です

 

ウエストジェット

カナダのアルバータ州カルガリーを拠点にしているカナダ第2位の航空会社。

 

90都市に就航しており、国内線とアメリカ・メキシコ、カリブ海諸国などに路線をもっています。

 

メキシコのLCC

メキシコ

アビアクサ

メキシコシティーを拠点にする格安航空会社。メキシコ国内とアメリカ、グアテマラに就航。

 

ボラリス・メキシコ

メキシコシティーを拠点にする格安航空会社。25都市に就航。

 

メキシコ国内ではアエロメヒコに次ぐ2位の規模を持つ航空会社。メキシコ国内とアメリカ西海岸に路線をもっています

 

マグニチャーターズ

メキシコのモンテレーを拠点にし、メキシコ国内とアメリカが主な路線。

 

ビバ・アエロブス

メキシコシティーを拠点にする格安航空会社。メキシコ国内とアメリカの25の都市に就航。

 

インタージェット

メキシコのメヒコ州トルーカを拠点にしている格安航空会社。メキシコ国内と22の路線を運航。

 

ブラジルのLCC

リオデジャネイロ

ゴル・トランスポルテ・アエロス

ブラジルのサンパウロ州サンパウロを拠点にしている航空会社。就航地70都市。

 

国内線とアメリカ、アルゼンチン、ベネズエラ、パラグアイ、ボリビア、ウルグアイ、バルバドス、ドミニカ共和国、キュラソー島、アルバなど。

 

ウェブジェット・リンハス・アエリハス

リオデジャネイロを拠点にする格安航空会社。国内線のみ運航しています。

 

アジュール・ブラジル

バルエリを拠点にする格安航空会社。国内線とポルトガル、アメリカに路線をもっています。

 

ウルグアイのLCC

ビーチ

アエロマス

モンテビデオを拠点にし、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイと国内線を運航しています。

 

エア・クラス

アスンシオンを拠点に運航し、カナダ、アメリカ、メキシコ、パナマ、アルゼンチンボリビア、ブラジル、コロンビア、チリ、エクアドル、パラグアイ、ペルー、ウルグアイ、アルメニア、ベルギー、スペインなどの路線をもっています。

 

まとめ

アメリカ

 

南北アメリカ大陸は広いので、飛行機の移動でもかなり時間がかかります。

 

カリブ海諸国や中南米の路線も多く、LCCがないと安く移動することは難しいので、利用価値は高くなるでしょう。

 

個人的にはカリブ海諸国をあちこち移動してみたいですが、結構費用がかかるでしょうね。

 

ヨーロッパに比べればそれほど多くはないですが利用するには問題ないでしょう。

 

 今や、海外、国内の移動には、LCC(格安航空会社)を利用するのが当たり前になってきました。 レガシーキャリア(既存のフルサービス航空会社)や電車などよりも、タイミングさえ合えば格安で航空券を購入できるため、気軽に移動することが出来ます。 LCCの数も徐々に増えていき、世界には数えきれない程のLCCがあります。 今回、東アジアとオセアニアのLCCを調べてみたので簡単に紹介したいと思います。  LCCとは  LCCとは、Low Cost Carryの頭文字を略称され、「格安航空会社」のことを意味しま...

 

 東南アジアのLCC(格安航空会社)には、エア・アジアやセブ・パシフィック航空等の格安航空会社があり、一度は耳にしたことがある人は多いと思います。 その他のLCCも多く、あまり知られていないものや新しくできたものなどがあり、東南アジアのLCCは意外に多いです。 どれくらいあるのか調べてみたので紹介したいと思います。 前回、東アジア、オセアニアのLCCを調べたので、興味がある方はこちらより。  LCCとは LCCとは、Low Cost Carryの頭文字を略称され、「格安航空会社」のことを意味しま...

 

 前回、東アジア、オセアニア、東南アジアのLCCをご紹介しましたが、まだまだ世界にはたくさんのLCC(格安航空会社)が存在します。 今回は、西南アジアのLCCを調べてみたので、紹介したいと思います。 調べていくうちに、いろんな路線がわかってくると、ルート選びが楽しくなり、格安で世界を回れるのは良いもんだなと感じました。   LCCとは LCCとは、Low Cost Carryの頭文字を略称され、「格安航空会社」のことを意味します。 低価格運賃、効率化の向上、サービスの簡素化により、費用を抑えることで...

 

 - LCC