LCCジェットスター航空の航空券オンライン予約から完了までの流れ!

      2021/06/08

ジェットスター航空

 

LCCを初めて利用したのがジェットスター航空でした。あれからどれくらいの時間が流れているのかわかりませんが随分昔のことです。

 

それ以来ジェットスター航空を利用したことはなかったのですが、今回、ハノイ行きの航空券が安かったので、久しぶりにジェットスター航空を利用してみることにしました。

 

航空券オンライン予約から完了までの流れを解説したいと思います。

 

 

ジェットスター航空

ジェットスター

 

ジェットスター航空は、オーストラリアのメルボルンに本社をおく国内線・国際線の格安航空会社です。

 

ジェットスター・ジャパンは、日本に拠点をおく格安航空会社です。

 

 今や、海外、国内の移動には、LCC(格安航空会社)を利用するのが当たり前になってきました。 レガシーキャリア(既存のフルサービス航空会社)や電車などよりも、タイミングさえ合えば格安で航空券を購入できるため、気軽に移動することが出来ます。 LCCの数も徐々に増えていき、世界には数えきれない程のLCCがあります。 今回、東アジアとオセアニアのLCCを調べてみたので簡単に紹介したいと思います。  LCCとは  LCCとは、Low Cost Carryの頭文字を略称され、「格安航空会社」のことを意味しま...

 

オンライン予約の流れ

ジェットスター

 

どこのLCCもオンライン予約は似たようなもので、ジェットスター航空もそんなに難しいものではありません。

 

ただ、注意したいところも少しあるので解説したいと思います。

 

航空券の検索から購入までの流れ

ジェットスター航空のオンライン予約

 

①まず最初に、出発地、到着地、出発日などを決め検索します。

 

出発日の選択

 

②運賃、出発時刻を確認し良ければ「選択する」をクリック。ダメなら再検索する。

 

合計金額

 

③運賃及び諸税等の合計金額が表示されます。良ければ「続ける」をクリック。

 

受託手荷物の選択

 

④次に、受託手荷物を預けるのかを決めます。預けない場合、機内持ち込み手荷物は7kgまでなので注意しましょう。

 

チェックインの時に、機内持ち込み手荷物がオーバーしていた場合、受託手荷物として預けなければならなくなり、オンライン予約時の受託手荷物料金よりも高くなります。

 

 LCC(格安航空会社)は、安くて便利で予約も簡単にでき安く旅行するにはなくてはならない存在です。 費用を徹底して安く抑えているため、航空券以外のものを高く設定し利益を得ています。 そこでチェックインの時に、機内持ち込み荷物の重量をオーバーしてしまい、超過分の料金を払わなければならくなった時の対策を述べたいと思います。  受託手荷物と機内持ち込み荷物 格安航空会社のLCCは、受託手荷物には料金が発生しますが、7kg又は10kg以内の荷物であれば機内持ち込みができます。 規定サイ...

 

受託手荷物の確認

 

⑤受託手荷物預けの最終確認です。変更しないなら「追加しない」をクリックして次へ。

 

座席の選択

 

⑥次は、座席の指定です。座席は予め指定済みで料金は発生しています。なので、座席指定しない場合は座席指定を外す必要があります。

 

往復の航空券を予約する場合、往路、帰路とも指定済みになっているので、どちらとも外すことになります。

 

座席指定を外す

 

座席指定を外す方法は「追加しない」や「座席指定なし」を選択して外します。

 

金額

 

⑦合計金額をチェックして確認しましょう。

 

機内食の選択

 

⑧機内食はどうするかを決めます。必要ならば選択しましょう。

 

搭乗者情報

 

⑨搭乗者情報では、既にジェットスターに登録していれば、ログインするだけで入力が終わります。

 

登録しておくとセール情報等もいち早く知らせてくれるので、登録しておくことをオススメします。

 

連絡作情報

 

⑩登録していない方、初めて利用する方は、搭乗者、連絡先情報を入力しましょう。

 

支払い方法の選択

 

⑪登録者、連絡先情報が済むと、次は支払方法の選択をします。

 

支払い方法はクレジットカードで決済できます。カーソルをバナーの上に当てると支払手数料がいくらなのかがわかるようになっています。

 

クレジットカード情報

 

⑫決済するカードが決まったら、カード情報を入力し「支払い」をクリックすれば完了です。

 

予約確定

 

⑬予約完了後、登録したメールアドレスに予約確認書が送られているか確認します。

 

⑭あとは予約確認書を出発までにコンビニなどでプリントすれば完璧ですね。

 

 サプライスで購入した航空券(eチケット)を、印刷しなければならないのですが、あいにくプリンターを持ち合わせていません。 いつもPDFファイルをUSBメモリーに入れ、セブンイレブンのマルチコピー機でプリントしていました。 ですが、USBメモリー等がなくても、「ネットプリント」というサービスを利用することで簡単にプリントすることができます。 実際に、このサービスを利用してプリントしてみることにしました。  ネットプリントとは 富士ゼロックスが運営しているプリントサービスで、セ...

 

ジェットスター航空で航空券を探す!

 

準備するものリスト

ジェットスター航空で、予約するにあたって準備するものなどを挙げてみました。

  • パスポート

 海外に行くのに必要なものにパスポートがあります。私のパスポートの有効期限が切れるため、あたらしいパスポートの申請に行ってきたので、取得までのやり方などを説明したいと思います。 パスポートを取得するまでには、時間がかかるので、余裕をもって準備しましょう。 パスポート申請に必要なもの  一般旅券発給申請書(1枚)  戸籍謄本または戸籍抄本(1通)  本人確認書類(免許証、保険証など)  写真 45mm×35mm(1枚)  お金(11000~16000円)  住民票(お住まいの都道府県に住民登...

  • 名前や住所などをローマ字に。電話番号やメールアドレスも控える。
  • クレジットカードやデビットカードなどを用意する。

 

 

  • 予算を決める。
  • 荷物を計る。

 

 

まとめ

私は、久しぶりのジェットスター航空に搭乗しハノイまで行ってきました。やっぱり他のLCCよりは少し座席の間隔が狭いかなと思いました。

 

LCCはよく利用しますが、航空券のセールの頻度や安さ、座席の間隔、雰囲気、これから旅に行くんだと盛り上げてくれる要素、サービスなどを総合的にみると。

 

やはりスクート・タイガーエアやセブパシフィック航空ベトジェットエアなどが私の中では一歩リードしているかなと思います。

 

 バンコク行きの航空券を探していたところ、シンガポールを拠点にしているLCC(格安航空会社)のスクート・タイガーエアが、セール販売していたので即購入しタイに行ってきました。 今回、初めてスクートを利用して、たまには他のLCCも悪くないなと思いました。航空券の予約から搭乗までの流れを紹介したいと思います。  スクート・タイガーエア スクート・タイガーエアは、シンガポール航空が出資しているLCC(格安航空会社)で、シンガポールのチャンギ国際空港を拠点にしています。 今年の7月にLCCの...

 

でも、また安く購入できるのならジェットスター航空を利用するかもしれないですね。いろんなLCCに乗れる楽しみがあって良いのではないでしょうか。

 

 - LCC, 旅の準備, 旅立つ前に