シラーズは緑が多い美しい古都!観光も見所が多いのでゆっくり滞在したい所!

   

タイル細工

 

世界の半分エスファハーンはとても素晴らしかったです。まだまだイラン観光の見どころは終わりません。

 

それ程魅力的で文化価値のある所が多いんですね。次はシラーズに向かいます。

 

シラーズの見どころもたくさんあり、近郊には世界遺産ペルセポリス遺跡があります。

 

ずーとペルセポリスには行ってみたかった場所の1つで、今回の旅で実現できてとても嬉しいです。

 

その前にシラーズ観光と行きましょう!

 

 

シラーズまでの行き方

老人と子供の像

 

エスファハーンの北バスターミナルまで行き、シラーズ行きのバスを探します。運賃52万リアル(約480円)。所要6~7時間。対応がいまいちな感じ。

 

シラーズのバスターミナルは中心部の外れにあります。

 

中心部まで歩いても行けますが、タクシーは安いので疲れていたら利用しましょう。私は歩きでした。

 

安宿探し

シラーズの安宿は中心部にもいくつかあります。でも少し離れたところに沢山の安宿があります。

 

ホテルの名前は忘れてしまいましたが、1泊45万リアル(約415円)でした。

 

部屋はシングルでシャワー、トイレは共同です。一応エアコン付きですが、よく止められます。

 

Wifiもなんとか繋がります。少しお金を出せば近くにシャワー、トイレ付きの部屋が60万リアルであります。

 

ただWifiが完備していなかったので諦めました。

 

シラーズ観光

聖廟

 

シラーズ観光は見所も多く、近郊のペルセポリス遺跡を見るとなると、最低でも2,3日は必要です。

 

まず、シラーズ市内を観光します。主に観光した場所は「キャリーム・ハーン城塞」「シャー・チェラーグ廟」「シェー・チェラーグ廟」くらいです。

 

他にも行きたかったけど、なんだか元気でなかった。

 

キャリーム・ハーン城塞

シラーズのキャリーム・ハーン城塞

 

まず、キャリーム・ハーン城塞に行きました。スゴく立派で中心部にあるので観光客が沢山います。

 

キャリーム・ハーン城塞

 

レストランやお土産屋さんもこのあたりに多いです。

 

城塞

 

アリー・エブネ・ハムゼ聖廟

聖廟

 

次が「アリー・エブネ・ハムゼ聖廟」です。遠くからでも美しい外観が見えて早く行きたいと思えました。

 

アリー・エブネ・ハムぜ聖廟

 

中に入ると、ん〜美しい形ですね。色使いも素敵だし無料で入れるんです。宮殿の様に見えますが聖廟です。

 

ドーム

 

すると1人の男性が近寄ってきて説明されます。自由に見ても良いし写真もOKとのこと。お菓子もふるまわれました。

 

入り口

 

薄暗い中を進むとキラキラと輝く銀の世界が見えてきました。

 

鏡張り

 

ん〜す・て・き。このような感じは初めてです。

 

アリー・エブネ・ハムぜ聖廟の鏡張り

 

どこを撮影しても美しく、どこか違う世界へと運んでくれるような錯覚に陥りました。

 

ステンドグラスと鏡張り

 

思う存分見せていただいたので、次はシラーズの聖地「シャー・チェラーグ廟」行くことにしました。

 

シェー・チェラーグ廟

シェー・チェラーグ廟

 

シェー・チェラーグ廟はイスラム教徒しか入れないですが、まれに外国人を入れてくれることがあります。ガイドさんと一緒なら問題ないとのことです。

 

細かなルールもありますが、イスラムを理解していれば問題ないレベルです。

 

ガイドさんはボランティアでやられているようなので、説明はしっかり聞きましょう。

 

写真を撮っていいところとか、入って良いところとかあります。ガイドさんから離れないように。

 

シェー・チェラーグ廟の内部

 

ここの見所は、何と言っても内部の装飾が金ピカ銀ピカで、凄くゴージャスでもあり気品に満ち溢れた印象を受けました。

 

シャンデリア

 

夜のライトアップもスゴく良いんですが、また次回来た時に行くとしましょう。

 

シラーズのシェー・チェラーグ廟

 

外から見る建物やタイル細工も素晴らしく美しいです。

 

約30分ほどで見て終了です。お礼を行って解散です。

 

シラーズのチェロウ・キャバーブ

 

お腹も空いてきたのでチェロウ・キャバーブ(20万リアル)を食べて終了です。

 

 

まとめ

シラーズ観光は見事な廟や城塞が印象的ですが、他にも行きたかった所があります。

 

マスジェデ・ナスィーロル・モルクと言うところで、内部のステンドグラスから差し込む光が、絨毯に照らし出され幻想的な美しさだということです。

 

私が行ったのが夕方頃だったので、写真を撮る時間には向いていなくて、朝でないとこの様な光景は見れないようです。時期にもよります。

 

見てみたかったけど見れないのなら、また今度ということで今回は断念しました。ヤズドという都市にも、このようなステンドグラスが見れるところがあります。

 

次回、イランに来る目的ができたので、いつか来てみたいですね。

 

次は、いよいよペルセポリス遺跡ですね!

 

 エスファハーン観光の続きその2です。今回は世界遺産のマスジェデ・ジャーメ、庭園博物館、橋巡り、バザールなどを観光しました。 見所が多いエスファハーン...

 

 テヘラン観光後、次の目的地エスファハーンに行きました。世界の半分と称えられた古都として有名な所です。 テヘランからバスで6時間ほどで行けるので、それ...

 

 テヘラン到着が夕方だったので翌日テヘラン観光をはじめました。主な見どころはイラン考古学博物館、ゴレスターン宮殿、バザールなどです。 滞在期間が2日し...

 

 イランに入国してイラン人のホスピタリティーが素晴らしく、この国を旅行することはきっと思い出深い旅になるだろうと思いました。 さて、バザールガーンに1...

 

 長年行きたかった国の1つイランに行くことにしました。 昔はイランビザの取得が意外と面倒で費用も高く、1番ネックになっていたのが、パスポートにイランへ...

 

 - イラン, 中東