バクー旧市街やカスピ海、ミニベニスを観光する!居心地が良くまた来てみたいと思える所!

      2019/09/17

城壁からの眺め

 

カスピ海に面したアゼルバイジャンの首都バクーに到着し早速観光に出かけました。

 

町を歩く度に老若男女私をじっと見つめるので、それ程アジア人が珍しいのかなと思いました。

 

嬉しい半面恥ずかしくない行動を取らなければという感覚に囚われます。1つ1つの行動を見られているような感じにもなるので大変ですね。

 

外国人観光客が少ないからなのでしょうか。

 

そんなバクーを観光しました。

 

では出発!

 

 

変換プラグ

変換プラグ

 

アゼルバイジャンのコンセントの形状が日本とは異なるため変換プラグが必要です。

 

出発前にバックパックに入れたものだと思っていましたが忘れてきました。なのでスーパーマーケットまで買いに行きます。

 

 海外旅行に出発するまでに、いろいろと揃えなければならないものがあります。生活必需品や必要な道具、両替などやることがたくさんあります。 スムーズに準備し、旅が良いものになるための、必要な事などを説明したいと思います。   出発までの計画と準備海外旅行に必要なもの海外旅行に行く前に、これだけは、必要な物があります。パスポート、チケット、お金。これさえあれば、なんとかなりますが、それだけでは、心細いものです。 あまりたくさん詰めすぎても、疲れるし、なければ不安で、ちょうどいい選...

 

1個3.5マナト(約227円)。これでなんとか充電ができます。

 

今や150カ国とか200カ国に対応している変換プラグがあるんですね。USB充電器としても使えて便利、海外に行く時には持参しましょう。

 


海外 変換プラグ マルチ変換プラグ 変換器 150ヶ国家対応 ACアダプター 変換 4つUSBポート/TYPE-Cポート 海外旅行/出張 充電器 USBポート付き 5600mah急速充電 2000W ヨーロッパ/アメリカ/日本/中国/韓国 持ち便利 海外変換アダプ【佐川急便】

 

バクー観光前半

サボテン

 

バクー観光を2回に分けてご紹介したいと思います。まず最初にカスピ海が見てみたかったので海を目指すことにします。

 

海に向かう途中、すごく親切な国だなと思ったのが道路を横断する時です。

 

横断歩道を渡る子供

 

必ず歩行者優先で車は停まってくれます。信号がないところでも信号無視しても必ず停車してくれます。ほんとに親切です。

 

ケバブとアイラン

 

出発したのが昼前だったのでケバブ屋さんでチキンケバブとアイランを飲みます。

 

アイラン

⬆アイラン

 

店の人はトルコ人の方ですごく親切でした。

 

 

カスピ海を見る

公園

 

そして歩くこと10分。カスピ海が見えました!カスピ海は世界で1番大きな塩湖でしたが、2018年に海になりました。

 

知らない方も多いのではないでしょうか。私自身も知りませんでした。

 

子供の頃カスピ海とカルピスがごっちゃになってカルピス海って覚えていたのを思い出しました。

 

そのカスピ海に今いるんですね。人生なんてどうなるかわからないですよね。

 

カスピ海

 

カスピ海は広くて景色がよく開放感がたまらないです。しばしベンチに座って海を眺めていると、至るところにベンチが置いてあります。

 

そんなところも優しさを感じますね。

 

遊歩道

 

そのままオペラハウスのような建物があったので歩いて向かいます。

 

海とは反対の方に目を向けると、アゼルバイジャンの国旗が気持ちよさそうになびいています。

 

アゼルバイジャンの国旗

 

背後にはバクーを象徴する近代的なすばらしいビル郡のフレームタワーも見えます。夜にはライトアップもありきれいです。

 

乙女の塔

 

そして目の前に「乙女の望楼」が現れました。ここは後で行くのでそのまま進みます。

 

アゼルバイジャンの子供達

 

すると人懐っこいアゼルバイジャンの子供達が近寄ってきます。女の子は英語ペラペラで、おじさんタジタジ。

 

タジタジにならないように旅行前にはスタディアプリENGLISH」でお勉強しましょう。

 

スタディサプリENGLISH

 

アゼルバイジャンは第2のドバイと言われています。天然資源が豊富なんですね。でも、ドバイのようにはならないでほしいですね。

 

 セブパシフィック航空に乗ってマニラからドバイに到着しました。移動時間は長かったですが何故か熟睡できて快適でした。 アラブ首長国連邦は、お金持ちの国というイメージがあり物価が高いのは覚悟していたので、飛行機を乗り換える時間を上手く利用し、ソフィアから戻ってきた時に観光しました。  ドバイ観光 中東には、はるか昔にトランジットでサウジアラビアのジェッダに寄ったことががあり、それ以来になるので中東の地を踏むのは今回が初めてです。 ドバイは世界的に有名な観光名所が多く存在し...

 

 今回のドバイ滞在中、ドバイ警察に逮捕されるという出来事があり、記事にしようかどうしようかと迷いましたが、今後この国を訪れる方のための参考になればと思い書くことにしました。 結局、逮捕されたものの警告・注意だけで済んだので、それほど大げさにはしたくはなかったのでしょう。 この国を訪れる方はくれぐれも注意して旅しましょう。  事の発端は? アブダビ観光後、ドバイのイブン・バトゥータ駅前にあるショッピングモール内の「世界一美しいスターバックス」を見に行った帰りの出来事です...

 

バクーアイ(観覧車)

ショッピングモール

 

オペラハウスの様な大きな建物へ向かうと、ここはショッピングモールでした。

 

指のオブジェ

 

その近くには地面から指が出ている面白いオブジェ発見です!

 

観覧車

 

ショッピングモールの裏側にはバクーアイ(観覧車)があり見に行くことにします。でも休みで乗れませんでした。

 

フレームタワーとショッピングモール

 

1回大人5マナトと意外に安いので、観覧車に乗ってのんびり景色を眺めるのも良いかもしれませんね。

 

テレビ塔

 

反対の方に目を向けるとテレビ塔がそびえ立っています。

 

ケーブルカー乗り場

 

そしてケーブルカー乗り場の前まで戻りました。これに乗り上まで上がると殉教者の小道やフレームタワーまで行けます。

 

ここは後日行くことにしてUターンして旧市街の方へ向います。

 

ミニベニス

ボート

 

ケーブルカー乗り場から進んで行くと、ミニベニスというところに辿り着きました。

 

ミニベニス

 

イタリアにあるベニスのミニサイズ版といったところでしょうか。

 

ミニベニスのボート

 

この運河をボートに乗って周る事ができるんです。面白いですね。

 

旧市街を観光

城壁の門

 

そして旧市街に入りました。城壁が素晴らしいですね。

 

路地裏

 

まずムハンマド・モスクを目指します。路地は迷路のように入り組んでいて、思うがままに進んで行きます。

 

モスク

 

するとモスクらしきものが見えたので写真を撮ります。

 

宮殿の門

 

そのまま上に上がって行くとシルヴァンシャー宮殿の裏手に辿り着きます。

 

宮殿

 

シルヴァンシャー宮殿は乙女の望楼と共に世界遺産に登録されています。

 

シルヴァンシャー宮殿

 

ぐるっと回り込むとシルヴァンシャー宮殿の入り口がありました。

 

城壁

 

そして更に進むと城壁があり、すごく感じが良かったし歴史を感じさせるのもでした。

 

馬の像

 

途中で見た馬夫婦の像???。レストランもこのあたりから増えて観光客も徐々に多くなってきました。

 

ライオンのウォールペイント

 

そしてライオン丸参上!の如く、ライオンの壁画が印象的でした。

 

 

その近くにあったバクラワ屋さん。

 

アゼルバイジャンのバクラワ

 

黒い方がアゼルバイジャンのバクラワで、緑の方はトルコのバクラワです。

 

トルコのバクラワ

 

私はバクラワが大好きですが意外とお高いんですよね。

 

絨毯屋

 

そして観光客用のお土産屋さんやレストランがたくさんあり、ツアーの勧誘なども徐々に増えてきました。それにしても日差しが強烈です。

 

アイスクリーム

 

すぐ喉が乾くので、すぐ抜ける炭酸コーラを飲みながらアイスを食べる私。

 

乙女の望楼

 

その次に来たのが「乙女の望楼」というところです。中にも入らず周辺をぶらぶら散策。ここは世界遺産に登録されています。

 

遺跡

 

最近、観光がそっちのけです。でも外から十分見ごたえはありました。

 

チェスをする子供

 

旧市街を観光後、再び海沿いの広場へ戻ります。通りには大きなチェスがあったり、噴水があったり、のんびり過ごせて良かったです。

 

ケバブサンドイッチ

 

夕食は駅近くのケバブサンドとコーラで決まりです。ケバブ1つ1.7マナト(約110円)と安いです。それにこのボリューム感。すごくデカイですね。

 

相変わらず通りゆく現地の方は私を穴が空くほど見てくれるので、女性だけじっと見つめ返すと恥ずかしそうに目をそらす。シャイな国民性なのかな?

 

 ドバイからアゼルバイジャンのバクー行きの航空券をゲットし、アゼルバイジャン航空で向かうことにしました。 運賃がすごく高かったけど空路入国の場合、ビザ代が無料になるのでバクーを選択しました。 空港ではアライバルビザ(e-Visa)も簡単に取得できたので、エアポートバスに乗り市内へと向かうことにしました。  アゼルバイジャン航空 スカイスキャナーでドバイからバクー行きの航空券を探していました。なかなか安い航空券が見つからず、運賃がすごく高くなってしまいとても凹みました。 ス...

 

 今回の旅でコーカサス地方を旅することになり、アゼルバイジャンにも行く計画を立てていました。 アゼルバイジャン入国には、日本人は空路の場合はビザが無料で取得でき問題ないのですが、陸路入国した場合は適用されず予めe-Visaを取得する必要があります。 費用もそれほど高くはなく取得に関してもオンラインで簡単に手続きでき、取得日数も早く取りやすくなっています。 今回の入国は空路だったのでオンラインでビザ取得はしませんでしたが、一時は陸路入国も考えていたのでe-Visa取得までの流れも併せてご紹...

 

おすすめなホステル

TRAVWL INN HOSTEL

 

そしてお腹も満たせたので、今回お世話になったTRAVEL INN HOSTELに戻りました。

 

TRAVEL INN HOSTEL

 

ホステルのベッド

 

ここのドミトリーは1泊約640円で、とてもきれいです。エアコン、ロッカー付きでベットもきれい、カーテンも付いています。

 

Wifiも問題なく繋がり、トイレ、シャワールームもきれいです。キッチンもあり飲食スペースもありランドリーもあります!(たぶん無料です)

 

 東南アジア旅行の魅力は、衣食住にかかる費用が安く上がり、少ない資金でも旅ができてしまうことです。 その中でも一番費用を占めるのが宿泊費です。この宿泊費を安く抑えることができれば、ほんとに安く旅行ができ旅に余裕ができて楽しくなります。 しかし、安い宿は、安いなりの理由があったり快適にいかない場合が多く、安かろう悪かろうの状態だったりします。 そこで、安く良い部屋に宿泊する為に、私が実践している部屋のチェック方法を紹介します。  東南アジアの安宿 東南アジアの安宿は...

 

申し分ないホステルですが、1部屋だけベランダが喫煙スペースになっているので、他の部屋の宿泊者がこの部屋を通ってベランダに行くので落ち着きません。

 

Travel Inn Hostelのドミトリー

 

それにうるさいです。なのでこの部屋はやめましょう。

 

 

まとめ

バクー観光前半は旧市街や海沿いをのんびり観光しました。海が近くにあると開放感がたまらなく良いですね。

 

そして旧市街の町並みは歴史を感じさせ、きれいに整備された町はとても気持ちが良かったです。

 

この町を歩くとスターになったのか?と思わせるほど注目されるのも面白かったですね。

 

また来てみたい場所の1つになりました!

 

バクーに行ってみたいけど「初めての海外旅行」「人とは違った旅行をしてみたい」「時間を無駄にしたくない」という方は、見積もりやプラン比較も複数の旅行会社に一括で問い合わせできる「タウンライフ旅さがし」がおすすめです。

 

 

問い合わせだけなら無料で利用でき、各地域の専門旅行会社(旅行のプロ)からプランをもらうメリットは非常に大きいです。

 

まだ利用したことがない方は1度利用してみては如何でしょうか。

 

 - アゼルバイジャン, 中東