タブリーズからテヘラン移動はMETRO社のVIPバスが豪華で最高!安くて快適なので迷わず選ぼう!

      2020/04/01

イランのテヘラン

 

タブリーズ滞在後、次はイランの首都テヘランへ向かいます。人口1200万人のイランで一番大きな都市です。

 

そこまではバスで向かいますが、たくさんのバス会社、本数があり、どれに乗っても快適な移動ができます。

 

私はメトロ社のVIPバスに乗ることにしました。

 

普通バスでもよかったですが、VIPバスだと移動時間が少し早くなるのと、運賃も安いのでVIPバスに決めました。

 

ではタブリーズからテヘランの道中をご紹介します。

 

 

メトロ社のVIPバスがすごく快適だった!

METRO社のバス

 

まず最初に、今回の旅の中でタブリーズからテヘラン移動に利用した「METRO」社のVIPバスが最高に快適でした。

 

外観、車内の設備、サービス、何をとっても欠点がなく最高としか言いようがないです。

 

METRO社はトルコのバス会社で、はるか昔にトルコ旅行をした時に利用した記憶があります。

 

普通バスでも良かったんですが、移動時間が少しかかるのと運賃も少し高いくらいで、この距離にしてはスゴく安いんです。

 

運賃は65万リアル(約600円)で、移動時間も8時間程です。

 

お菓子とジュース

 

サービスも良く、飲み物やお菓子なども配られ、到着前にはどこで降りるのかを確認しに来てくれました。

 

バスの座席

 

座席は1×2の横3席で広くてゆったり、シートもふかふかでエアコンもよく効いています。Wifiも問題なく繋がり、久々に当たりのバスを利用できました。

 

 ジョージアのバトゥミから乗り合いバンを乗り継いでトルコのエルズルムに到着しました。 東部アナトリアで一番大きな都市でもあり、久しぶりのトルコを感じるには最適な場所です。 トルコに入国して道路がすごく良くなり、何もかもきれいに見えてくるのが不思議です。そんなエルズルムの観光です。  エルズルム観光 エルズルムへはトルコ各方面からの路線が充実しているので行きやすく、近隣諸国からも国際バスが運行していて便利です。  私は東部トルコに来るのが初めてなのですが、以前か...

 

 ジョージアの旅を終え次に向かうはトルコです。ジョージアとトルコの国境を越え、トルコ東部のエルズルムに向かうことにします。 ダイレクトに行くバスもあるのですが高いので、バンを乗り継いで国境を越えてエルズルムに行くことに決めました。  国境の越え方 ジョージアのバトゥミからエルズルムまでは何回か乗り換えしないといけないのと、国境を徒歩で越えるので意外と時間がかかります。 待ち時間やバンの時刻などがあるので、時間には十分余裕を持って向かいました。 バトゥミから国境まで...

 

タブリーズからテヘランへの移動

タブリーズのバスターミナル

 

バスは時間通りに出発しテヘランへ向かいます。

 

イランの大地

 

タブリーズの町から少し離れると緑のない大地が延々と続きます。

 

緑の丘

 

何時間か走ったところで、とても不思議な風景が現れました。違った意味できれいな光景です。

 

丘

 

緑だとか赤っぽいのとか茶色だとかの層が幾層にも現れ、幻想的で不思議な感覚に陥ります。

 

地層

 

緑が全くないと言ってもいいくらいありませんが、なぜかこの風景を見ているとオアシス的なものに見えてきます。

 

バスは順調に進んで行き、お昼過ぎには小休憩のため昼食タイムを取ります。

 

ケバブ

 

ここで食べたチェロウ・キャバーブは30万リアル(約277円)でしたが、お肉もボリュームがありジューシーです。

 

バターサフランライス

 

ジュースやヨーグルトなどもセットで付いてきて、しかも、うますぎ!だいたい途中休憩で食べる食事は、あまり美味しくないのが相場なんですが、ここは美味しかったです。

 

出発して程なくすると、お腹が満たされたので眠くなってきました。旅の疲れもあったので、あっという間に爆睡です。

 

テヘランに近づくにつれ車の数が増えてきます

 

テヘラン

 

これがイランの首都テヘランなんだーと思うと、今まで旅をしてきて一つの節目のように感じてきます。

 

大都会ですね。東京都の人口と変わらないんですよね。

 

モスク

 

到着のバスターミナルはテヘラン市街の西にあります。バスはMeydan-e-Azadi駅前で降ろしてくれました。

 

 

テヘラン到着と宿探し

テヘラン安宿マップ

 

西バスターミナル近くのMeydan-e-Azadi駅から、今回宿泊する予定の「AMOL MAZANDARAN」があるMELLAT駅まで向かいます。

 

そこから歩いて5分程で「AMOL MAZANDARAN」に到着です。

 

テヘランの安宿はいくつかあるようですが、外国人が宿泊できないホテルもあるので気を付けなければいけません。

 

シャワー・トイレ共同のシングルの部屋で1泊40万リアル(約369円)です。この近くにも同じような安宿が何件かあります(MASHHAD HOSTEL、MARMAR NO)

 

テレビと冷蔵庫

 

部屋はシンプルで扇風機や冷蔵庫、テレビも付いています。ただ8月のこの時期はスゴく暑くて寝苦しかったです。エアコン付きもあります。

 

 東南アジア旅行の魅力は、衣食住にかかる費用が安く上がり、少ない資金でも旅ができてしまうことです。 その中でも一番費用を占めるのが宿泊費です。この宿泊費を安く抑えることができれば、ほんとに安く旅行ができ旅に余裕ができて楽しくなります。 しかし、安い宿は、安いなりの理由があったり快適にいかない場合が多く、安かろう悪かろうの状態だったりします。 そこで、安く良い部屋に宿泊する為に、私が実践している部屋のチェック方法を紹介します。  東南アジアの安宿 東南アジアの安宿は...

 

まとめ

イランのバス移動は、快適で運賃もVIPバスなのに安く、サービスも良く何も言うことがありません。

 

節約旅でもちょっと贅沢しても負担にならないので、長距離移動の時は迷わずVIPバスを選びたいですね。

 

時間も早く移動できるので体力的にもほんとに楽な移動です。

 

 イランに入国してイラン人のホスピタリティーが素晴らしく、この国を旅行することはきっと思い出深い旅になるだろうと思いました。 さて、バザールガーンに1泊して次に向かうはイラン最大のバザールがあるというタブリーズです。 バザールガーンからの直通バスはなく、近郊のマークというところまでタクシーで向かい、そこからタブリーズ行きのバスに乗り換えます。 タブリーズではバザールとモスクなどを観光しました。安宿情報などもご紹介します。  行き方 バザールガーンで宿泊していたホテル...

 

 イランを旅行する準備として以前よりも随分簡単になってきています。ビザを取得することは変わらないですが、以前よりも安い費用で簡単に取得できるようになりました。 イランを旅行するにあたり、準備することの大切さと、有意義な旅に作り上げていくことは、旅行者としての使命です。 そのイラン入国準備編として、快適で楽しい旅になるよう気を付けたい点などをまとめました。  イラン入国準備編 イランを旅行するにあたり「必要なこと」「準備すること」「快適に旅するためにやること」などをまと...

 

 長年行きたかった国の1つイランに行くことにしました。 昔はイランビザの取得が意外と面倒で費用も高く、1番ネックになっていたのが、パスポートにイランへの出入国履歴があると、アメリカに行く時に取得するESTA取得が難しく、ビザを取得しなければならなくなったりします。  その費用も高く確実に取れるとは限らないということもあって、イランに行きたくてもずーと我慢していました。 ですが、昨今の世界情勢などで2018年末にパスポートにイランの出入国履歴が残らないようにイラン外務省が便宜を図って...

 

 トルコのエルズルム観光後、イランに向かうためドウバヤズットに向かいます。乗り合いバンに揺られながら約5時間の移動です。 アララト山が目の前を通り過ぎて行き、存在感の大きいとてもきれいな山です。 ゆっくりと眺めたかったですが時間がないので今回はドウバヤズットに滞在せず、イランとの国境沿いの町ギュルブラクに向かいます。 バンの運転手にイランに行くと予め伝えていたので、ギュルブラクに行く乗り合いバンのところで降ろしてくれました。 ギュルブラクへは、ここから30分ほどで到着です。ト...

 

 - イラン, 中東