中国・河口から昆明まで中国鉄道で移動する!切符の買い方&駅への行き方!

      2018/11/23

プラットホーム

 

中国・河口滞在後、次に向かうは雲南省の省都・昆明です。

 

昆明には中国鉄道に乗って移動しようと思っていたので、列車の時刻や切符の購入の仕方、駅までの行き方などを簡単に紹介したいと思います。

 

 

中国鉄道の切符を買うには

中国鉄道

 

まず、列車で昆明に向うには切符を購入しないといけません。いつ出発するのか、いくらなのか、駅はどこにあるのか調べる必要があります。

 

それと、中国は英語があまり通じないので中国語も勉強しないといけません。

 

 

 

車両、出発、到着時刻、運賃、座席などを調べる

中国鉄道の時刻を調べるには、Trip.comで調べると簡単です。出発駅と到着駅、出発日などを入力するだけで簡単に調べられてとても便利です。

 

Trip.com

 

そのまま予約をすることも可能ですが手数料がかかります。

 

出発地、到着地:河口 至 昆明

日時:2018年3月21日

時刻:7:00→12:40K9818、9:40→15:45K9828

座席:硬座1張

 

上記の様に調べたものを紙などに移して、チケット販売所で購入することもできるので、初めて中国に行かれる方でも問題ありません。

 

河口から昆明行きは1日4本です。

 

 ベトナムから中国へ移動するため、ラオカイ(ベトナム側)ー河口(中国側)国境を歩いて越えることにしました。 国境の越え方や中国に入る前の準備、ホテルなど...

 

どこで切符を購入するのか?

ticket

 

Trip.comで切符を購入することもできますが、河口市内で購入する場合どこへ行けば良いのでしょうか。

 

河口北駅

 

昆明行きの列車が出る駅は、河口中心部から5km離れたところにある鉄道駅・河口北駅です。

 

鉄道切符売場の地図

 

そこまで行くのは少々面倒臭いので、市内で購入できるところがないのか調べてみると、2ヶ所購入できるところがありました。

 

切符売り場

 

1ヶ所目は私も購入した場所で国境からほど近い所にあります。誰も並んでいないので待ち時間なく購入できました。

 

鉄道切符

 

パスポートと予め紙に書いていたものを見せると、すぐ手続きしてくれ支払いして完了です。

 

手数料

 

硬座の運賃は54,5元と手数料が5元必要でした。

 

鉄道切符売り場と案内

 

2ヶ所目は街の中心部にあります。

 

駅までの行き方

河口北駅の地図

 

昆明行きの切符は購入できたので、5km離れた河口北駅に行くにはどう行けば良いのか調べてみると、タクシーで行った場合20元程、バスで行くと2元、徒歩だと0元で行けます。

 

所要時間もバスやタクシーで10〜15分。徒歩だと1時間位は必要です。

 

バス待機所

 

一番便利で安く移動できるのはバスなので、乗車場所を探してみるとそれらしきバス(白色)がありました。

 

白バス

 

場所は、川沿いのT字路の角から出発し河口北駅を1日数本往復しています。

 

バス停の地図

 

運賃は2元。時刻もバスの横に貼ってありました。

 

バス車内

 

切符の買い方も簡単で料金箱に2元を投入するだけです。大きいお金しかない時は運転手さんが替えてくれます。

 

この場所には、もう1種類のバス(緑色)が待機しているのですが、このバスは2km離れた商業施設の越南城というところを往復しています。こちらも2元です。

 

河口から昆明に移動

待合所

 

出発時刻に間に合うようにバスに乗り河口北駅に向かいました。駅に着くと荷物検査があるので余裕を持って到着しましょう。その後出発まで待機します。

 

時間になり搭乗です。駅構内はこの田舎町にしては立派な造りで、これぞ中国と言った感じでしょうか。

 

座席

 

座席は硬座の一番安いのを購入したのですが、タイの3等列車のような硬い木の椅子ではなく、ソフトシートが硬座の席になります。

 

 タイのバンコクからイサーン地方の東の果て、ラオス国境に近いウボンラーチャターニーへ列車で行こうと思いました。 飛行機が早くて便利なのだけど、少し味...

 

もちろんリクライニングはできませんが、空調が効いていて快適なんですね。車内販売もあるしお湯が自由に使えるのでカップラーメンなどあれば便利です。

 

電車内

 

昆明までの移動時間は6時間。それ程長くはない距離だけど全くお尻が痛くなかったのでとても快適でした。

 

しかも中国人のマナーが良いので更に快適でした。ほんとにここは中国?と思わせる瞬間でした。

 

河口から出発した列車は、最初はトンネルの嵐で景色すらよく見えなかったです。

 

列車に揺られながらぼーっと考えていたら、中国旅はこれから面白くなっていくのかなという予感がしました。

 

大きい国だし見所は沢山あるので、また足を運んでしまうかもしれません。そんな中国でした。

 

 ロシア鉄道のオンライン予約でチケットを購入したので、モスクワからノヴゴロドまで3等寝台列車に乗って移動してみました。 初ロシア鉄道ということで、どん...

 

まとめ

もはや今の中国には昔の面影はなく、ほんとに便利で旅がしやすく変わってきているなと思えてきます。とても旅が楽になりました。

 

雲南省はどちらかと言うと東南アジアに近いので、それほど違和感なく旅ができるので、まだ訪れたことがない方は旅してみましょう。

 

Trip.comは、ホテルの予約もできるので中国旅には便利なサイトですね。

 

 - アジア, 中国