ロシア鉄道の3等寝台列車に乗ってモスクワからノヴゴロドに向かう旅!

      2021/10/12

ロシアの列車

 

ロシア鉄道のオンライン予約でチケットを購入したので、モスクワからノヴゴロドまで3等寝台列車に乗って移動してみました。

 

初ロシア鉄道ということで、どんなものかと想像していましたが、とても快適で私は3等寝台列車で十分でした。

 

実際に乗車するところから目的地に到着するまでの感想などを紹介したいと思います。

 

 

※2017年6月10日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2021年10月12日に再度公開しました。

 

出発前

ロシアの地図

 

ノヴゴロド行きの夜行列車は22時発だったので、それまでの時間モスクワ観光をしました。

 

 

夜のライトアップのクレムリンやポクロフスキー聖堂も見てみたかったのですが、夜9時頃から少し暗くなる感じなので、ライトアップを見ると出発時間に間に合わなくなるので諦めました。

 

 

モスクワの駅

 

ただ、エスカレーターが長いのと荷物検査があるので、急いでいる時は少し面倒です。

 

 モスクワのシェレメチェヴォ国際空港に到着して、空港内の両替所で少し両替をしました。レートは1ドル=51ルーブル。 とりあえずロシアのお金を手に入れたので、早速市内の予約してあるホテルへと向かいます。 一番早くて便利で簡単なのは高速鉄道アエロエクスプレスなんですが、節約旅行者の私は一番安く移動できるバスで行くことにしました。 空港から市内までバスとメトロを乗り継いで移動する行き方を紹介します。   空港からメトロ駅までの 空港を出て道路を1本渡ったところに市内へ向かうバ...

 

メトロ駅からのアクセスも簡単で、ほんとに利用しやすくて便利です。レニングラード駅に向かう途中、何処かで見たような自動販売機があるなーと思っていたら、日本の缶コーヒーでした。

 

モスクワの自動販売機

 

全て日本の飲み物で、なんか不思議な感じですね。ちなみにお値段75〜100ルーブル(約150円〜200円)。 

 

 

 日本最大級のサンプリングサイトのサンプル百貨店は、商品のアンケートや感想を届ける代わりに「半額〜1/3」の費用で商品を試せるお得なサイトです。 サンプル百貨店には、いくつかのお試し方法があり、ちょっとの費用で商品を試せるちょップルというものがあり、通常価格の半額から1/3の費用でお試しできます。 その「ちょっプル」で、今なら初めて利用する方限定で、お試しキャンペーンを実施中です。500円から試せる商品もあり、かなり安くゲットすることができます。 また、会員登録をする時に招待コードを利...

 

駅構内に入るにも荷物検査があり少々うんざり気味。中はカフェやお土産屋さんもあり至って普通の光景です。

 

出発の30分位前に来れば十分だと思いますが、少し早めに来て待機していました。電光掲示板を見て乗車できることがわかったので列車へと向かいます。

 

乗車手続き

ロシア夜行列車

 

自分の予約した列車番号や時間などを確認し車両へと向かいます。各車両に車掌さんがいて順番に手続きを始めます。

 

パスポートと予約確認書を用意していたのですが、確認されたのはパスポート番号のみで、名前も予約確認書もチェックされませんでした。

 

そして中には入ります。中は外と違ってとても暖かいです。

 

 サプライスで購入した航空券(eチケット)を、印刷しなければならないのですが、あいにくプリンターを持ち合わせていません。 いつもPDFファイルをUSBメモリーに入れ、セブンイレブンのマルチコピー機でプリントしていました。 ですが、USBメモリー等がなくても、「ネットプリント」というサービスを利用することで簡単にプリントすることができます。 実際に、このサービスを利用してプリントしてみることにしました。  ネットプリントとは 富士ゼロックスが運営しているプリントサービスで、セ...

 

車内の様子

車両の車内

 

予約したのは3等寝台の上段の席、コンパートメントでない開放寝台です。なのでカーテンなどの仕切りはありません。

 

通路を挟んで片側が線路と平行、もう片側が線路と直角に席が設置されています。

 

どちらが良いかは好みにもよりますが、背が高い方は、線路と直角の席が足を伸ばせて楽なのかなと思います。

 

出発、到着前の30分間はトイレなどの使用ができません。これはテロを警戒してのことなのでしょう。車掌さんがしっかりと鍵をかけていましたね。

 

備え付けの給湯器は自由に利用できるので、コップとコーヒーやお茶、カップラーメンなどあればくつろげます。

 

 

乗車してから再び車内でチケット確認があります。私はパスポート番号だけで終了でしたが、ロシア人はしっかりチェックされていました。

 

チェックが終わると次々と自分の寝具にシーツをかぶせたり、歯磨きに行ったり、着替えたりして眠りに入ります。

 

私は上段の席だったのですぐ眠りにつきました。かなり疲れていたのか爆睡で車内のことはあまり覚えていません。

 

荷物は上にもう一段置ける棚があるので荷物の心配もそれほどなかったです。

 

 

ノヴゴロド到着

ノブゴロド駅

 

まだ眠い中、乗客がそわそわしてきたので起きる準備をし、使ったシーツなどを専用のカゴに入れ、そして布団もたたみます。

 

なんかロシアらしくて好きだなー。マナーが良いですね。

 

そうこうしているとノヴゴロドに到着しました。よく眠れたので少し元気になったような気がします。車内から一歩外に出ると寒すぎ!固まってしまいました。

 

もう5月に入ろうかとしているのに、なんですかこの寒さ。あまりの寒さに駅構内に小走りで向かいました。これほど寒いとは想像もしていませんでした。

 

 

駅構内で少し暖を取って、ノヴゴロド市内観光に行くためバックパックを預けます(160ルーブル約320円)。

 

重さや大きさによって料金が変わりますが、ロッカーに預ける方が高かったですね。(220ルーブルだったかな?)

 

 100円ショップなどで売られているダイヤル式の南京錠を旅行に行く時に利用しているのですが、バックパックに取り付けていても本当に大丈夫なのかなとずっと疑問に思っていました。 鍵の種類はダイヤル式と鍵付きの南京錠がありますが、普段利用しているダイヤル式南京錠の番号がわからなくても開けられるのか実際に試してみました。   南京錠の種類 100円ショップに売られている南京錠にはダイヤル式と鍵式の2種類があり、それぞれメリット、デメリットがあります。 100円ショップには販売していませんが、TSAロ...

 

いざノヴゴロド観光へ。

 

まとめ

ロシア鉄道に初めて乗ってみましたが、予約も簡単にできるし、ぐっすり寝れ快適だったので3等寝台列車でも全く問題なかったです。

 

しかも料金が約820ルーブルと安く移動できるのも嬉しいですね。今度はシベリア鉄道でモスクワを目指そうかな。

 

 モスクワ観光後、次の目的地であるノヴゴロドに行くことを決めました。サンクトペテルブルクに行く前に、どこか静かな田舎町に行きたいと思っていたので寄り道してみることにしたのです。 そこまで最初はバスで行こうと考えていたのですが、ロシアの風景が少し平凡すぎる用な感じがしたので、夜行寝台列車で行くことにし、早速、オンライン予約してみることにしました。 今やロシア鉄道の予約もネットで簡単にできるということなので便利になったものです。予約から発券までの流れを解説したいと思います。 &...

 

後はロシア語を少し話せるようになれば、もっと楽しい旅になるはずなので勉強しましょう。  

 

 

 - 旅の道具