タイ鉄道でバンコクからウボンラーチャターニーまで3等列車で行く旅!準備編!

      2018/03/03

ホアランポーン駅 プラットホーム

 

タイのバンコクからイサーン地方の東の果て、ラオス国境に近いウボンラーチャターニーへ列車で行こうと思いました。

 

飛行機が早くて便利なのだけど、少し味気ないので3等列車だけを乗り継いで、途中下車しながら、ウボンラーチャターニーまで行くことにしました。

 

タイ地図

 

時間がかかるし疲れるけど、移動費からみれば3等列車が一番安く行くことができます。

 

飛行機では味わえない、現地人とのふれあい、のどかな車窓を見ながらの旅道中です。

 

 

タイで1番安く移動できる3等列車

タイ 列車

 

タイ国内の移動は飛行機、列車、バス、船、ミニバンなどいろいろありますが、その中でも軍を抜いて安いのが3等普通列車です。

 

バンコク 電車

 

どれだけ安いのか、例えて言うなら、バンコクからアユタヤに行った場合、3等普通列車で15バーツ(約45円)、2時間。バスなら40、50バーツくらい。

 

train-ticket

 

3等列車でも、快速、急行などもあり、それだと別途料金が発生してしまい、バスよりも高くなってしまうこともあるので注意しましょう。

 

ちなみに、タイ人はこの3等列車の運賃は無料とのこと。タイ全土を無料で移動できることも可能、うらやましい限りです。

 

 タイ、バンコクのドンムアン国際空港から、市内への移動方法はいくつかありますが、最も安く行く方法を紹介したいと思います。 世界にはたくさんの空港があ...

 

3等列車のメリット、デメリット

電車の座席

 

 海外はじめてタイ旅行はじめてだと、何もかも未知の世界で知らないことばかりです。それでも楽しく旅して帰国したいですよね。 そこでオススメなタイ旅行の...

 

メリット

  • とにかく安い

  • 現地人とのふれあいが楽しい

  • 旅しているという実感が湧く

  • 車窓からの眺めも旅の楽しみ

  • お尻が鍛えられる

デメリット

  • 時間がかかりすぎる

  • よく遅れる

  • 長時間だとお尻が痛い

  • 到着したら、体中、ほこりだらけ

  • 暑い

タイ鉄道の時刻表はwebで調べたほうが良い

タイ国鉄時刻表

 

目的地が決まり、3等普通列車で行こうとすると、どの電車に乗車するのか調べないといけません

 

駅構内にあるツーリストインフォメーションで、時刻表をもらうこともできますが、そこまで貰いに行くのは面倒臭いですよね。

 

電車 時刻表

 

タイ国鉄のwebサイトで、時刻表、料金を確認できるので、そちらの方で調べたほうが良いです。

 

タイ国鉄

 

駅に着いてから時刻表をもらえば、時間も節約できます。

 

電車に乗って移動していると、今、どの辺りのなのか検討がつかないので、時刻表を見ていれば、把握できます。

 

バンコク アユタヤ

 

それでも、どこにいるのかわからない時は、現地人に時刻表を見せれば、教えてくれるので持っていて損はないでしょう。

 

そんな時、役に立つのが、旅の指さし会話帳これ1冊で楽しい旅になりますね。

 

 

 

電車料金

 

チケット購入時、3等普通切符で行くことを言わないと、急行、特急の切符を発券される場合があるので、3等普通列車で行く事を、強く主張することが肝心です。

 

タイ鉄道に乗る準備

電車 椅子

 

長時間乗る場合は、あらかじめ準備しておいたほうがいいものを、選んでみました。

 

自分が思いつくものなら持参したほうが良いと思います。

 

タイにも、日本の100円ショップがありますが、タイで購入すると60B(180円)に値上がりするので、日本で用意した方がいいです。

 

準備した方がいいもの

  • お尻に引くクッションのようなもの

    クッション


    椅子は固く、背もたれもリクライニングではなく、木製とビニールシートがかぶさった2種類の硬い椅子だが、どちらもお尻が痛くなる。

  • ウエットティッシュ

    ウエットティッシュ

    顔がベトベトになるし、体中、ホコリまみれになり気持ち悪い。

  • 水、サングラス

    サングラス

    飲み物は、列車内でも購入できますが、若干高めの料金設定。サングラスは、ゴミ、風、日差しよけで必要。

座席選び

電車 硬座

 

座席選びも重要で、あまり疲れなくて、ホコリまみれにならない場所もあります。

 

車両の進行方向側の先頭で、進行方向とは逆の角の座席が、疲れず、汚れる確率が低くなります。

 

景色を見たいがゆえに、進行方向の方に向かって座ると、3等だと窓全開で、ホコリやゴミ、風、日差しをまともに受け、体中、ホコリと汗で顔がネチャネチャ、髪はパサパサになるので、気持ち悪いです。

 

電車内で注意してほしいこと

蓮の花

 

タイの人は、日本人に対して、友好的で、親切な人が多い親日国の1つですが、それでも、最低限の注意をする必要があります。

 

今は、置き引きなどの被害は聞かなくなりましたが、注意して損はないので、自分の事は自分で守りましょう。

 

  海外を旅していると現地人からよく声をかけられることがあります。人懐っこい人もいれば単に好奇心だけとか、外国人を見るのが初めてとか色々あります。 話...

 

なかには、タイ人と言いながら他の国の人だった、ということもあるので気をつけましょう。

 

車窓

 

田舎を旅していたら、そんな心配はなくなりますが、注意しましょう。嫌なことがあったら、その国のイメージが変わってしまいますからね。

 

荷物の管理しっかりして、食べ物を、むやみに貰わないことです。

 

実際に乗ってみて思うこと

バンコクの駅

 

時間がない時は、あまり使わないほうが良いと思います。疲れるし、よく遅れるし、汗だくでホコリまみれになるので、時間がある人向きですね。

 

結局、ほんとに安く移動はできるのか?

 

普通電車

 

バンコクからウボンラーチャターニーまで、3等を乗り継いでかかった費用は、たったの15+39+48+13=115バーツだった。日本円で約340円。約12時間の移動時間。

 

タイ国鉄

 

これを、バスで行くと400〜500バーツ。飛行機なら、プロモーション価格だと安い場合もありますが、通常だと800バーツくらい。

 

まとめ

タイ国内を格安で移動する手段として、3等列車は大変魅力的な乗り物だと思います。

 

長時間移動だと少々疲れる場合もありますが、1度は乗ってタイの風景や人との出会いなどを体験してみるのも、良いのではないでしょうか。

 

時間はかかりますが、本当に安く移動できるので、タイの魅力を存分に味わってみて下さい。

 

 - アジア, タイ