旅の便利な道具達!洗濯ロープとフック型ネジは海外旅には必需品!

      2018/03/03

洗濯 ロープ 

 

海外旅行に便利な道具で、いつも愛用しているものの中に洗濯ロープがあります。100円ショップにも売っていて、軽くて便利とても優れた旅の道具です。

 

旅に持参して、たいへん役に立った道具等を紹したいと思います。

 

 

旅の便利な道具達

洗濯バサミ

 

旅に行く時の持ち物で、優れたもの必ず持っていくものを紹介します。

 

・洗濯ロープとフック型ネジ

・薬(タコの吸い出し)

・かゆみ止め

・アイマスク、耳栓

・ろうそく、ライター

・帽子

 

洗濯ロープとフック型ネジ

洗濯ロープ

 

海外へ旅に出ると汚れた衣類などは自分で洗濯することになります。東南アジアでは、有料で洗濯を頼めたり洗濯機を使用することもできます。

 

暑い国だと毎日汗だくになり、洗濯せざるおえなくなり大変めんどくさいです。毎日洗うにしても洗濯するものはごくわずか。それで洗濯を頼むのも気が引ける。

 

だいたい1kg単位で料金が決まり、少量なら自分で洗濯したほうがいいのではと思うに違いありません。

 

洗濯機

 

洗濯物をためて、まとめて頼むのも良いかもしれませんが、着替え用の衣類はそれ程持ち合わせていないので、結局は自分で洗濯した方が効率が良いです。

 

安い部屋だと、シャワー、トイレが共同の所が多く部屋では洗濯できません。

 

共同の洗面所かシャワーを浴びる時にでも洗濯するか、バケツを宿の人に借りてするしかありません。

 

シャワーしか方法がなかったときに、どうすれば良いのか困りますよね。これは、コンビニやスーパーなどのナイロン袋を使用すれば解決できます。

 

 海外を旅行していると、自分でやらなければいけないことが沢山でてくるのですが、その中で必然的にしなければならないことが洗濯なんですね。 お金を払えば洗濯してくれるところや、コインランドリー等もあったりするのですが、暑い東南アジアなどの地域では、毎日洗濯しなくてはならず経済的ではありません。 そこで、自分で洗濯をするわけですが、部屋にタライやバケツなどは置いていなく、どうすればいいか迷う方も少なくはありません。 短時間で簡単に洗濯ができ、費用もかからない方法を紹介したいと思いま...

 

袋に洗濯物と洗剤を入れてゴシゴシ洗う。朝までに乾かしたいので外に干すのもいいですが場所がない時があり困ります。

 

フック

 

そこで活躍するのが洗濯ロープフック型ネジです。ただ、洗濯ロープを外にかけると、余ったスペースに他の旅行者が干したりするので、洗濯物が乾いて片付けようとしても出来ません。

 

部屋干しにすれば、室内の天井に扇風機があるので朝まで回していれば乾きます。そこで必要なのが、洗濯ロープとフック形ネジです。

 

 

 

ネジはフックのものが大変便利です。他の旅行者も同じようなことをしているので、壁を見渡せばネジ穴があるはずです。

 

 

 

同じ所にネジを埋め込むと丁度いい場所に設置できるはずです。

 

薬(たこの吸い出し)

日本の薬

 

日本には、とても素晴らし良い薬がたくさんあります。その中でも1番役立った薬が、たこの吸い出しというものです。

 

これは、傷口からバイキンなどが入り可能してしまって患部に膿がたまり、腫れ上がり痛みを伴う時に使うものです。

 

ガーゼにこの薬を塗りつけて患部に貼ると、膿が外に吸いだされるという薬で、何度も使用することで膿が取れ、痛みも腫れもなくなる大変素晴らしいい薬です。

 

完全に膿は取れるかどうかはわかりませんが、私はこれを使用し、数日後、腫れ痛み膿も取れ治りました。

 

 

名前が良いしユニークですね。正式名は「吸出し青膏」といいます。用途としては、化膿性皮膚疾患、よう、ちょう等の腫れ物の吸い出し。

 

海外でこのような症状で病院に行き、保険なしの場合、手術費用が10万円程必要だそうです。保険には入っておくべきですね。

 

クレジットカードにも保険が付いているものもあるので、出発前に加入しておくことも大切です。

 

あくまでも応急処置的なものなので、このような状態になった時には、病院で全部の膿を吸い出してもらうのが1番安心です。

 

かゆみ止め

かゆみ止め

 

かゆみ止めも大変重宝します。山や海などに行くと蚊が多く、窓を開けていると刺されます。そんな時に、かゆみ止めは必死なんですね。

 

海外の暑い気候の国に行くと、蚊が多くて困ることがありますよね。虫除けスプレーや蚊取り線香を使っても、暑い国だと、せっかくスプレーしたのに、汗で流れてしまいます。蚊取り線香も匂いが部屋に残ってしまったりと大変です。そこで、簡単に自作出来て効果もまずまずな、蚊の撃退方法を紹介したいと思います。海外の蚊の危険性海外にいる蚊には、マラリア原虫を持った蚊やデング熱等のウイルスをもった蚊がおり、刺されると時には、危険な感染症になることがあります。最悪、これらの蚊に刺され発症して亡くなる人も多く、大変危険...

 

掻きむしると、そこからバイキンが入り化膿性皮膚疾患になったりします。掻く前に、かゆみ止めを塗ることが大事です。

 

安い宿は、時々、ノミや南京虫といった痒みの原因になる困った生き物が潜んでいます。そんな時に、かゆみ止めは大変助かります

 

アイマスク、耳栓

アイマスク

 

アイマスクは、飛行機の移動中や安宿のドミトリー使用時なんかは大変役に立ちます。

 

耳栓も、朝早く出発したくて早く寝たい時、ドミトリーでうるさい時には十分威力を発揮してくれます。荷物にならないので是非持って行きましょう。

 

 

 

ろうそく、ライター

ろうそく

 

ろうそくライターは、停電になった時、山奥に行った時、蚊取り線香を使う時、非常に助かります。

 

 

 

帽子

帽子

 

帽子は、暑い時、寒い時旅行するときは必死です。熱射病、風よけ、砂よけ、寒い地域でも寒さ対策の時に役立ちます。

 

空港で夜明かしするとき、野宿するときにも、蚊よけ、明るさ対策などで役立ちます。

 

 関西空港を利用する時に、出発が朝早かったり夜遅く着いたりすることがよくあります。 空港から近距離に住んでいる人は、そのままバスや電車を利用すればいいですが、そうも行かない人もいます。 そうなればホテルに宿泊せざるおえなくなり、その分出費がかさみます。 空港周辺のホテルは高いので困ってしまいますが、快適にはいかないけど、ただで夜明かしする方法や安く宿泊できる所などを解説します。  関西空港を利用する 一番簡単で節約できるのは、空港内に置いてある長椅子を利用すること...

 

まとめ

いつも持ち歩いている必需品を紹介しましたが、ほとんど100円ショップで揃えることができるので節約にもなり利用価値は高いです。

 

軽くて、かさばらない物ばかりなので荷物もそれほど増えません。快適な旅を作るのも考え方次第で変わるものです。

 

 海外旅行に行く時に必ず持って行き、愛用しているものの中に、コイル型電気湯沸し器があります。 購入してから20年ほどになりますが、まったく壊れず、いつでもどこでも使用でき、とても便利で重宝しています。 そこで、旅に持参して、たいへん役に立つ道具を2回にわけて紹介したいと思います。  旅に選んだ必要な道具 旅に行く持ち物の中で、優れたもの必ず持っていくものを紹介します。 ・コイル型電気湯沸し器・ウエストバックとフック付きチェーン・変換プラグ・コップ、スプーン、箸 コ...

 

 - 旅の道具