スペイン風の町並みが美しいフィリピンのビガン歴史地区でサンタに会ったよ!

      2018/03/02

ビガンの古い町並み

 

フィリピンのルソン島北部には、スペイン情緒あふれる町並みが存在する場所があります。

 

その1つがビガンと言う所で、スペイン風の町並みを見てると、ここがフィリピンだということを忘れてしまいます。

 

 

ビガンへの行き方

フィリピンの地図

 

  • マニラからバスで10〜11時間。

 

  • バギオから、バスで5時間。

 

  • ラワグからバスで2時間。

 

  • マニラから飛行機で1時間。

 

マニラ空港から市内への移動は↓

 

 フィリピンのマニラ空港には、夜遅く到着する便が多いですが、市内への移動はタクシーがメインになります。 危険な都市だとか、ぼったくりタクシーなどと悪名高い空港で、不安に思っている人も多いと思います。 空港から市内までの移動を、安く効率よくできる手段を説明したいと思います。  各ターミナルの航空会社 マニラの空港ターミナルは4つあり、それぞれ航空会社によりターミナルが分かれています。 自分が利用した飛行機が、どのターミナルに着くのか、まず最初に確認しないといけません。...

 

 

 

 

スペイン風の町並み

ビガン歴史地区

 

スペイン風の町並みが残る場所は、メナ・クリソゴロ通り周辺にあります。石畳とスペイン風建築物がとてもきれいです。

 

ビガンは、世界遺産の歴史地区に登録されており、情緒あふれる町並みです。

 

カレッサ

 

この通りは車が通れないので、ゆっくり歩いて回れます。カレッサと言う馬車だけが通っており風情があります。

 

お土産物屋やアンティークショップなど可愛い雑貨もあり、楽しく散策できますね。

 

歴史地区ではホテルもたくさんあるので、素敵な1日を過ごすことになるでしょう。

 

海外ホテルもお得に予約!じゃらん海外!

 

謎のサンタクロース

屋根の上のサンタクロース

 

通りを歩いていると、何やら怪しげな集団が屋根の上にいます。よく見ると、なんと、サンタクロースではありませんか。メリークリスマス!

 

沢山のサンタクロース

 

なぜ屋根の上にサンタクロースがいるの?謎です。1階はお店のようです。宣伝の為の飾りみたいなのでしょうか。

 

カレッサと石畳

夜のビガン

 

ヨーロッパなどには、石畳の街がたくさんありますが、この石畳は、とても美しく建築物、風景をうまく調和させる芸術品のようです。

 

ビガンにも石畳があり、やはり絵になりますね。

 

石畳

 

一段と町並みを美しく見せてくれ、ビガンの石畳と建物、ライトアップが良い味をかもし出してくれます。

 

ビガンの夜の風景も良いですが、ベトナムのホイアンのランタンもすごくきれいなので、ベトナム旅行に行った時は是非訪れてみて下さい。

 

 ベトナム中部に位置する所に、観光客に人気の高い都市、ホイアンというところがあります。16〜17世紀にかけてアジアとヨーロッパの交易の中心地となった所です。 ホイアンの旧市街は世界遺産に登録されており、日本人にも縁が深い場所でもあります。特に有名なのが、ランタンが灯る夜の風景です。 エキゾチックな雰囲気で、きれいな灯りを見ていると、時が過ぎるのも忘れることでしょう。  ホイアンへの行き方 ホイアンへはダナン、フエなどから行きやすく、時間もそれほどかからないので利用しやすい...

 

聖ポール大聖堂

 

カレッサと言う乗り物に乗り、歴史地区や近くにある聖ポール大聖堂や博物館などをまわるのも良いと思います。

 

ビガンの町並み

 

1時間150〜200ペソで乗れるので、雰囲気を充分感じることが出来ます。

 

石畳の上をパカパカと移動すると、音が響き渡り心地よい時間を過ごせることでしょう。

 

ビガンの近郊には、フィリピンの世界遺産で有名な、ラワグのサンオウガスチン教会もあるので一緒に回ることをオススメします。

 

 フィリピンのルソン島北部、イコロス州にスペイン統治時代の面影を残す、ラワグと言う町があります。 ここに来た目的は、世界遺産にも登録されている「サン・オウガスチン教会」を見に行くために来ました。 ラワグの見所やサン・オウガスチン教会への行き方など、簡単に紹介したいと思います。   ラワグへの行き方  マニラからバスで11〜12時間。飛行機で1時間。  ビガンからバスで1時間30分。  バギオから6〜7時間。  D27 地球の歩き方 フィリピン マニラ セブ 2017~2018posted with ヨメレバ地球の歩...

 

まとめ

フィリピンにも、こんな所があるんだ、ということを知りました。石畳がすごく素敵で、ヨーロッパの街にいるような感じでした。

 

マニラから遠いですが、飛行機なら1時間で着くので問題ないと思います。フィリピンのLCC、セブパシフィック航空もあるので移動時間も短縮できます。

 

 東南アジアのLCC(格安航空会社)には、エア・アジアやセブ・パシフィック航空等の格安航空会社があり、一度は耳にしたことがある人は多いと思います。 その他のLCCも多く、あまり知られていないものや新しくできたものなどがあり、東南アジアのLCCは意外に多いです。 どれくらいあるのか調べてみたので紹介したいと思います。 前回、東アジア、オセアニアのLCCを調べたので、興味がある方はこちらより。  LCCとは LCCとは、Low Cost Carryの頭文字を略称され、「格安航空会社」のことを意味しま...

 

 今や、海外、国内の移動には、LCC(格安航空会社)を利用するのが当たり前になってきました。 レガシーキャリア(既存のフルサービス航空会社)や電車などよりも、タイミングさえ合えば格安で航空券を購入できるため、気軽に移動することが出来ます。 LCCの数も徐々に増えていき、世界には数えきれない程のLCCがあります。 今回、東アジアとオセアニアのLCCを調べてみたので簡単に紹介したいと思います。  LCCとは  LCCとは、Low Cost Carryの頭文字を略称され、「格安航空会社」のことを意味しま...

 

バスは長時間乗らないといけないし、運転が荒い人が多いので気を付けないといけません。

 

 - アジア, フィリピン