エストニアのタリンを観光する!まるでおとぎの国に迷い込んだようだ!

      2018/03/08

お土産屋

 

サンクトペテルブルクが予想以上に良かったので、もう少し滞在したかったですが、次の目的地エストニアのタリンに向かうことにしました。

 

タリンは中世の歴史と文化を色濃く残す素敵な所。今回の旅で行ってみたかった都市の1つです。良い所はみんなよく知っているので観光気分をより盛り上げてくれます。

 

そんな魅力的なタリンを観光してきました。

 

 

エストニアのタリンへ

雪

 

サンクトペテルブルクのバスターミナルで、警察官に3回もパスポートチェックをされ、酔っぱらいのロシア人と仲良くなり、お名残惜しいですが、この街を後にしてエストニアのタリンに向かいました。

 

 サンクトペテルブルクにはノヴゴロドからバスで3〜4時間ほどと近く、イタリアのヴェネツィアと並ぶ「水の都」と言われるほど美しい所です。 モスクワよりも...

 

バスは順調に走りロシアとエストニアの国境で、それぞれ出入国手続きを済ませ早朝にタリンに到着しました。

 

 サンクトペテルブルクから次の目的地である、バルト三国のエストニア・タリンに行くことにしました。 ここからは電車やバスで移動する行き方がありますが、...

 

バスターミナルから旧市街へ

タリンバスターミナル

 

タリンは雪がちらつくほどの寒さで、バスターミナル内の待合所で暖をとったり朝食をとったりして時間を過ごします。 

 

十分温まったので予約してあるホステルに向かいますが、旧市街まではそれ程遠くはないので歩いて行くことにしました。

 

ヴィル門

 

30分程歩くと旧市街のヴィル門が見えてきて、なんだか嬉しくなります。まるで、おとぎの国に入るような感じがしてきました。

 

とりあえず宿泊するホステルに荷物を預かってもらいに行きました。チェックインは午後2時からなんですね。

 

最大の防寒具がユニクロのフリースしか持っていないので寒さが堪えます。荷物も気持ちよく預かってもらえ観光に行くことにしました。

 

タリン旧市街を観光する

タリン旧市街

 

タリンの見所は主に3つのエリアに分かれているのですが、下町エリアと山の手と言われるエリアを主に観光しました。

 

まず最初に向かったのが観光案内所です。ここで日本語の地図を貰いに行きました。そして、下町エリアにあるラエコヤ広場へ。

 

ラエコヤ広場

 

ラエコヤ広場は、以前から市場として存在していますが、早すぎたのか準備段階でした。

 

旧市庁舎

 

ラエコヤ広場に面した場所に旧市庁舎があり、北ヨーロッパに唯一残るゴシック様式の市庁舎です。歴史を物語っている様なきれいな市庁舎ですね。

 

聖ニコラス教会

 

聖ニコラス教会は、現在、博物館とパイプオルガンのコンサートホールとして使われているようです。

 

ピーナツ売り

 

ネイツィトルン前の広場でピーナツを売っていて、試食もでき生姜味のピーナツが美味しかったですね。

 

修道士の像

 

ピーナツ売りのすぐ後ろにある城壁に修道士の像があり、記念撮影をしている人が多かったですね。

 

ネイツィトルン

 

四角い塔がネイツィトルン。別名乙女の塔とも呼ばれています。キークインデキョクは博物館になっていて、最上階にカフェと展望室があります。

 

アレクサンドルネフスキー聖堂

 

ロシア正教の教会、アレクサンドル・ネフスキー聖堂です。周辺にある教会とはひと目で異なるのがよくわかりますね。

 

オブジェ

 

通りにあるオブジェ?像?がユニークです。

 

トームキリク

 

エストニア本土で最古の教会トームキリク(大聖堂)

 

タリンの町並み

 

タリンの町並みを見れる展望台は2箇所あり、それぞれ違った風景を見ることができます。

 

タリン

 

この場所から眺める風景はよく知られていますが、タリン港から眺める風景も良いのだとか。

 

城壁と教会

 

天気もよく木々も色づいていれば、もっときれいなんですけどね。

 

鳩と町並み

 

でも、見晴らしは良いので必ず行きましょう。

 

チキンバーガー

 

昼食はタリン駅近くにあったファーストフード店でチキンバーガーを食べました。見たとおりのボリューム感で食べごたえがあり、ローカルっぽいのが良かったですね。

 

城壁

 

城壁の周囲は2,5kmもあり、場所によって色んな見え方がするのが面白いところです。

 

タリンの城壁

 

タリン駅の近くにある塔の広場からの眺めが良いようですね。

 

カラフルな乗り物

 

カラフルな乗り物。

 

カラフルな建物

 

カラフルな建物。

 

カラフルなズボン

 

カラフルなズボン

 

ふとっちょマルガレータ

 

出入り口を守るために造られた砲塔、ふとっちょマルガレータと呼ばれ、現在は海洋博物館になっています。

 

三人姉妹

 

三人姉妹と言われる集合体、現在はホテルになっています。ライ通りには三人兄弟という集合体もあります。

 

ドミニコ修道院への通路

 

ドミニコ修道院の壁面沿いにあるカタリーナの通路が美しいです。

 

聖オフレ教会

 

巨人の伝説が残された聖オフレ教会と町並みが美しいですね。撮り方が良いんでしょうか。

 

巨人といえば、タイのローイエットの寺院にある立仏像も大きかったですね。

 

 タイ東北部のローイエットという所に背の高い立仏像があります。一体どれくらいの高さがあるのか見てみたくなったので、ローイエットを目指すことにしました。&nb...

 

タリンでの食事など

タリン ヘスバーガー

 

エストニアは物価が高く、レストランやファーストフード店も高いのですが、節約したいならホステルなどで自炊できる所もあるので利用してみましょう。

 

観光が終わりお腹が空いたので、フィンランド資本のバーガーチェーン店HESBERGER(ヘスバーガー)という所に行ってみました。

 

ハンバーガー

 

味は普通のハンバーガーですが意外と人気があるようです。

 

Rimi

 

エストニアにはRimiというスーパーマーケットがあり、物価の高いエストニアでは利用価値が高いお店です。ここのパンが安くて美味しかったですね。

 

宿泊したホステル

オールドハウスホステル

 

タリンはとても人気のある観光都市なので、シーズン中は観光客で一杯になるようです。

 

宿も安いところから埋まっていき、安い所を希望するのなら早めに抑えておくほうが良いでしょう。

 

ドミトリー ベッド

 

Booking.comで予約した「オールドハウスホステル」という所です。5人部屋でしたがシングルベッドだったので快適でした。

 

 まとめ

タリンは人気のある観光地なので、宿泊予約をする時は余裕を持ってしましょう。見所も多く雰囲気も良いので2,3日ゆっくり過ごすのも良いのではないでしょうか。

 

旅行する時期も大事だと思います。暖かく緑がきれいな夏頃が観光には適しているのでしょうね。

 

まだまだ魅力的な所が多いタリンに出かけてみては如何でしょうか。

 

 

 

 - エストニア, ヨーロッパ