モルドバ・キシナウから夜行バスでブカレストへ!そしてギリシャのアテネに飛んで観光!

      2019/03/10

アテネのパルテノン神殿

 

キシナウ観光後、アテネに向かうためルーマニアのブカレストまで夜行バスで移動し、その後、飛行機でギリシャの首都アテネに向かいました。

 

移動、移動の連続ですが、久しぶりのアテネと言うことで、少しばかりワクワクしながらの旅道中です。

 

今回のアテネ観光は、ぶらぶら散策する程度にして、久しぶりのアテネを感じてみることにしました。

 

 

キシナウからブカレストへ

中央バスターミナル

 

キシナウの中央バスターミナルからブカレスト行きのバスは1日に何本かあります。

 

私は夜行バスで行くことにし、ルーマニアのブカレスト・アンリ・コアンダ国際空港までのチケットを買いました。250モルドバ・レウ(約1660円)

 

出発時間になり乗車します。国境の出入国手続きもパスポートを預けるだけの簡単なものです。バスは順調に進みます。

 

 ルーマニアからウクライナに向かうには、メジャーなルートとしてモルドバのキシナウを経由する行き方や、スチャバからチェルノフツィに行く方法などがあります。 今回は最短ルートで行けるルーマニアのガラツを経由する南ルートで、ウクライナのイズマイールまで行こうと思いました。  このルートは、ブカレストから最短ルートで行けるのですが、あまりネットの情報がなく、問題なく国境を通過できるのか、移動手段やホテルはあるのか等、少し不安な部分もありました。 今回この南ルートの「ブカレスト〜ガ...

 

約7時間ほどの道のりですが、空港で降りる場合、予めアンリ・コアンダ国際空港で下車することを確認のために伝えておく方が良いでしょう。

 

空港へ寄らずにブカレスト中心部へ行ってしまっては時間の無駄ですからね。運賃もかかりますしね。

 

 ドバイのアールマクトゥーム国際空港から5時間30分のフライトを経て、ルーマニアのブカレスト・アンリ・コアンダ国際空港に到着しました。  2日続けての空港泊となり眠くて仕方ありませんが、元気を出して空港からブカレスト中心部の統一広場までバスで向かいました。  アンリ・コアンダ国際空港の快適度 空港内の長椅子で横になって休みたかったのですが、この空港の長椅子もドバイ空港の様に肘掛けがあって横になれませんでした。  Wifiもあまり快適とは言えなく、とにかく疲れた体を休め...

 

ブカレストからアテネへ

機内

 

朝、5時頃ルーマニアのブカレスト・アンリ・コアンダ国際空港に着きました。フライトの出発時間まで時間があるので待機します。

 

スーパーマーケット

 

空港内のスーパーマーケットで朝食や飲み物を購入しリラックスして時間を過ごします。

 

WIZZ AIRの飛行機

 

アテネ行きは今回もハンガリーのLCCのWizz Airを利用しました。

 

片道運賃69ルーマニア・レウ(約2000円)。今回2回目の利用なので少し慣れてきた感じでスムーズに利用できました。

 

いざアテネへ。

 

 ハンガリーを代表する格安航空会社(LCC)のWizz Airを今回の東欧旅で利用しました。 ヨーロッパの格安航空会社を利用するのは今回が初めてなのですが、その時の航空券購入のやり方と注意することなどを簡単に解説したいと思います。  ハンガリーの格安航空会社のWizz Air ハンガリーを代表する格安航空会社のWizz Airは、ハンガリーで最大の航空会社でヨーロッパを中心に運航している航空会社(LCC)です。   Wizz Airで航空券を購入する Wizz Airを利用するのが今回が初めてだったのです...

 

 Wizz Airで航空券を購入したので、後は出発前の準備としてWebチェックインとプリントをしなければなりません。 これを忘れてチェックインカウンターに行くと、高い追加料金を支払わなければならなくなります。 アジアのLCCは、このような厳しい条件はまれですが、利用する方は忘れないように気を付けましょう。   その時のアプリからのWebチェックインの流れを説明したいと思います。  Wizz AirのWebチェックインとプリント 航空券が購入できれば、後はWebチェックインとプリントをする...

 

 世界には、LCC(格安航空会社)がたくさんありますが、その中でも軍を抜いて多いのがヨーロッパのLCCです。 ヨーロッパは、バスや鉄道などの交通が発達しているので、それだけでも充分問題なく快適なんですが、とにかく移動費が高くなってしまい困ります。 そこで、登場するのがLCCなわけです。ヨーロッパにある各国のLCCを調べてみました。  LCCとは LCCとは、Low Cost Carryの頭文字を略称され、「格安航空会社」のことを意味します。 低価格運賃、効率化の向上、サービスの簡素化により、費用...

 

アテネ到着

アテネ国際空港

 

今回で3度目となるギリシャのアテネに到着です。ワクワク感はないものの久しぶりのアテネはどんな感じになっているのかすごく気になりました。

 

かれこれ二十数年ぶりになるので、当時とはかなり感じが違うのかななんて思いながら、過去に旅した時の自分と重ね合わせてアテネを思い出していました。

 

アテネ国際空港で夜明かし

アテネ

 

飛行機は順調に進んでアテネに22時頃到着しました。夜遅かったことと、すごく疲れていたので空港のソファーで寝ることにしました。

 

なかなか横になるところが少なくて、あちこち探しましたが運良く1つ空いている長椅子があったので、歯を磨いてすぐ寝ます。爆睡です。かなり疲れていたようです。

 

朝、警備の人に起こされるまで全く起きなかったので、ほんとによく寝られました。体調も少し回復したようです。

 

 

超軽量コンパクトエアーマット

 

アテネ国際空港から市内中心部へ移動

アテネ国際空港の地図

 

アテネ国際空港(エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港)から市内中心部まで行くのに安い方法は、やはり空港バスを利用するのが1番安く行けます。運賃6ユーロ。所要1時間。

 

チケット売り場は出口を出たところにあります。

 

シンタグマ広場行きは【X95】ピレウス港行きは【X96】

 

5〜15分間隔で24時間運行です。

 

衛兵

 

私はシンタグマ広場に行くバス【X95】で移動しました。バスに乗車したら必ずチケットをオレンジ色の刻印機で刻印することを忘れないようにしましょう。

 

もし刻印していないチケットを検査で見つかれば料金の60倍の罰金が待っています。

 

シンタグマ広場到着後、ここから予約しているホステルまでは歩いて行きました。

 

 リクルートが運営する「じゃらんnet」が海外ホテルで利用できる割引クーポンを定期的に配布しています。 クーポンの種類もいくつかあり、自分にあったものを利用することもできるので、お得な宿泊予約サイトです。 海外旅行に行く時には必ずチェックしてクーポンを取得し利用しましょう。  クーポンの種類 6種類の割引クーポンがあり全て取得できますが、それぞれのクーポンの利用は1人1回しか使えません。 クーポン獲得期間、予約期間、宿泊対象期間が決められていたり、クーポン配布枚数もある...

 

アテネをちょっと観光

パルテノン神殿

 

3回目のアテネという事で、パルテノン神殿などには行かず、ただ単にアテネ市内をぶらぶら散策するだけにしました。

 

アテネは観光客が1番多く来る場所でもあるので、すごい人が溢れています。おまけに、モルドバが寒かったのにアテネは暑すぎるのです。

 

ホントに観光客が多く、それにアジア系の外国人を沢山見かけたので、まるでアジアにいるような不思議な感覚になります。

 

ケバブ

 

アジア人が多いということでケバブ屋さんも沢山あります。1つ2ユーロ。

 

なので、私が初めて来た時のアテネよりは随分変わったなという印象を受けました。なんだか治安もすごく悪くなっているとも感じました。

 

観光はあまりしていないですが、見てきたところを少し紹介します。

 

パナギア・カプニカレア教会

 

小さなビザンチン様式の教会、パナギア・カプニカレア教会です。

 

教会

 

アテネの町並みがきれいですね。こちらも教会ですね。

 

アテネ国立考古学博物館

 

中心部から少し離れていますが、ここがアテネ国立考古学博物館です。時間をかけてゆっくりお勉強しましょう。

 

ソーセージ屋

 

歩いている時に見かけたソーセージ屋さん。天井に無数のソーセージがぶら下がっていてすごかった。

 

遺跡

 

フォロ・ロマーノの入り口に立つアテネ・アルケゲテスの門です。記念写真スポットになっています。

 

風の塔

 

アゴラの中にある風の塔。別名アンドロニコスの時計塔。紀元前50年頃に建てたものだとか言われています。

 

アテネ アクロポリスの丘

 

パルテノン神殿があるアクロポリスの丘が見えます。

 

アクロポリスの丘

 

角度を変えればパルテノン神殿の姿が見られます。

 

夜のアクロポリス

 

夜ライトアップされたアクロポリスの丘と町並みがきれいですね。

 

まとめ

モルドバのキシナウからギリシャのアテネまで、バスと飛行機の移動でちょっと疲れましたが、何とかアテネに到着できました。

 

アテネは過去に2度来たことがあるので別に来る必要もなかったのですが、今回旅した東欧から近いということもあって来てしまいました。

 

 ルーマニアの首都ブカレストを観光する主な見所は、中心部に固まっているので1日あれば十分観光できます。 ブカレストは、思うがままに旧市街をぶらぶら歩いたり、ベンチでランチを取ったりゆっくり過ごす方が良いなと感じるところでした。 そんなブカレストをお届けします。  ブカレスト観光 ブカレスト観光は、それほど見るところはありませんが、旧市街の古い教会や町並みを眺めながら散策するには良いところです。 レストランもたくさんあり食べることに関しては不自由しないので、思うがまま...

 

 イズマイールからバスに乗ってウクライナ第3の都市オデッサに到着しました。 バスの車窓から見える景色は平凡な感じでしたが、オデッサに近づくにつれ車も徐々に増え、町並みも少しずつ変わってきました。 とにかくウクライナのリゾート地オデッサの海を、この目で見てみたかったのです。  イズマイールからオデッサへの行き方 イズマイールのバスターミナルで、オデッサ行きのバスを確認したところ、宿泊していたホテルの近くのバス停から乗車できるとのことでした。  ブカレストからイズマ...

 

 モルドバの首都キシナウは緑も多くて開放的できれいな所です。 ヨーロッパ最貧国とも言われれていますが、そんなことは全く感じられず人も親切で美味しい食べ物も沢山あります。 意外と穴場的な所だなと感じました。そんなおすすめなキシナウをご紹介します。  キシナウ観光 キシナウ観光の見所はそれほどありませんが、大聖堂や公園でのんびりするには良いところです。 食べ物も安くて美味しいし、ホステルも安い割にはきれいで申し分なかったです。 また、バスターミナル周辺には市場があ...

 

久しぶりのアテネ観光の感想としては、ヨーロッパのアテネと言うより、アジアのアテネの方が合っているような、随分変わったように感じました。

 

普通に観光していればそんなこともないですが、一歩場所を変えるとちょっと感じが違うところも出てきます。

 

アテネは、お目当ての観光をして島に行ってのんびりするのがベストですね。

 

 

地球の歩き方ギリシャ

 

 - ギリシャ, モルドバ, ヨーロッパ, ルーマニア