ソフィアからリラの僧院へバスで日帰り観光してみた!素晴らしい世界遺産が見れて行き方も簡単!

      2019/03/22

キリストのフレスコ画

 

ブルガリアの世界遺産はいくつかありますが、その中でも特に見てみたかったのがリラの僧院です。

 

ソフィアからも日帰りで行ける距離にあり、行き方も簡単なのでバスでリラの僧院へ行ってきました。

 

 

ソフィアからリラの僧院への行き方

リラの僧院の地図

 

ソフィアからリラの僧院へ行くには、郊外にあるオフチャ・クペルバスターミナルまで行く必要があります。

 

オフチャ・クペルバスターミナルの地図

 

中心部から少し離れているのでトラムで移動します。

 

 ギリシャから夜行バスに乗ってブルガリアの首都ソフィアに到着しました。今回の東欧旅の最後の訪問国になります。 ブルガリアのイメージとしては、やはりヨ...

 

オフチャ・クペルバスターミナルまでの行き方

トラム路線図

 

バスターミナル前を通過するトラムは5番です。このトラムに乗る場所が裁判所の裏側にあります。駅名がStebna Palataです。

 

私は、ここを通り過ぎてしまいPl.Makedonia駅から乗りました。

 

トラムの乗り方と運賃

トラム

 

5番のトラムが来たので乗車します。チケットは運転手さんにお金を払えば切符を渡してくれます。運賃は1.6レヴァです。

 

打刻機

 

そこで注意しなければいけないのは、車内にオレンジ色の小さな打刻機が窓側の何ヶ所かに設置されているので、チケットを入れて打刻する必要があります。

 

切符

 

これを忘れて検査員に見つかってしまうと、罰金を払わないといけないので必ずやりましょう。

 

下車する所はKv.Ovcha Kupel駅です。アナウンスがあるのでわかります。時間にして20分〜30分位?かな。

 

リラの僧院行きのバスの本数と時間と運賃と所要時間

オフチャクペルバスターミナル

 

トラムを降りて道路を渡り、そのまま真っすぐ進んで行くとオフチャ・クペルバスターミナルに到着します。

 

時刻表

 

待合所の上の方には、時刻表、本数、目的地の案内があります。1日に1本しかダイレクトに行くバスがないのですね。

 

時刻はよく変わるようなので最新の情報を調べて下さい。

 

10:20の出発まで少しありますが、どんどん人が集まってくるので乗り場の近くにいましょう。

 

バスチケット

 

バスが着いて乗車時に運賃を払います。11レヴァ。

 

バスの中からの眺め

 

結局、人はそれほど多くはなかったので、景色を見ながらのんびり過ごしました。

 

リラ村で昼食

バス

 

2時間ほどするとリラの町に到着です。ここで30分ほどの休憩があり昼食タイムです。売店やトイレもあります。

 

でも、少し歩いてお店があるところまで行き、ピザやジュースなどを買ってベンチで昼食を取ります。

 

葡萄

 

民家の庭先に沢山の葡萄ができていました。美味しそう。

 

バス内

 

そして再びリラの僧院へ向かって出発です。約30分ほどで到着しました。道中は少し色づきかけた木々がきれいでした。

 

リラの僧院を観光する

リラの僧院の入り口

 

ソフィアからバスに乗って3時間でリラの僧院に到着しました。到着場所はリラの僧院前です。

 

入り口

 

早速中へ入り見学します。世界遺産なのに無料で見学できるのは、すごくありがたいですね。

 

リラの僧院見学

リラの僧院

 

入り口を抜けると、そこには絶景ときれいな教会が目の前に現れました。うーん美しすぎる〜。

 

教会

 

後ろの山々や木々の色づきと修道院の美しさ、かつ威厳のある風格とがマッチしすぎて絵になりすぎる〜。

 

ブルガリアのリラの僧院

 

しばし見とれていました。すごく良いですね。

 

教会とフレリョの塔

 

見る角度によっても色んな顔を見せてくれます。

 

教会

 

ストライプ模様の教会がすごく印象的です。

 

フレスコ画

 

教会の中や外側回廊の壁、天井にフレスコ画が描かれていて繊細でとても美しいです。

 

リラの僧院のフレスコ画

 

教会内部は撮影禁止です。

 

フレリョの塔

 

教会の左側に14世紀に建てられた背の高い塔がフレリョの塔です。他にも歴史博物館やイコンギャラリーなどがあります。

 

温泉水の飲み場

 

僧院にも温泉水が湧き出ていて無料で飲むこともできるので、至れり尽くせりのブルガリアだなと感じました。ほんと良いところですね。

 

唐辛子

 

手すりには沢山の唐辛子が干されていたり。

 

怒っている黒猫

 

猫が喧嘩していて怒っていたり。

 

逃げる猫

 

そーっと逃げようとしたり。

 

振り返る猫

 

振り返ってみたり。

 

楽しいひと時でした。

 

お土産屋

 

後ろの方の出口から外に出てみると、土産屋さんやレストランがあり、観光地だなっとホッとした感があります。

 

レストラン

 

ここリラの僧院ではマス料理が食べられます。

 

バラの香水

 

何かおみやげでも買おうかと見てみると、可愛いお土産がたくさんあり、ブルガリやらしいバラの香水が1本1レフで販売していました。即購入!

 

リラの僧院からソフィアへ戻る

駐車場

 

帰りのバスは15時にあるので、それまでのんびりと過ごします。帰りもソフィアまでダイレクトで行くバスです。

 

帰りも同じ道です。20分ほど走った時に急に速度が遅くなりました。渋滞?とか思ったのですが、車はほとんど走っていないのでそんなことはないはずです。

 

牛の群れ

 

でも進まないので前を見てみると牛の群れでした。ブルガリアは酪農国家でもあるので致し方ないですね。これも旅の楽しみの1つです。

 

ようやく進むことができました。でも、また速度が遅くなり今度は止まってしまいました。

 

羊の群れ

 

また前を見てみると今度は羊の群れです!それもかなりの数!

 

羊の移動

 

必死に羊飼いの人が誘導しているものの、数が多すぎて誘導しきれていない状態。これには乗客全員が思わず笑顔になりました。

 

ちょっとやそっとじゃ進めないなと・・。運転手さんも盛んにクラクションを鳴らすも全く収まる気配がありません。

 

ニュージーランドの羊の群れ

 

昔、ニュージーランドを自転車で回った時に遭遇した羊の群れを思い出してしまいました。これは当時の写真です。

 

収まるまで約10分、東欧旅の最終日にふさわしい光景でした。またブルガリアに来たくなりましたね。

 

ウォールアート

 

バスは順調に進んでソフィアに到着しました。帰りは反対側のトラム乗り場から5番のトラムで戻ります。壁に描かれたアートが印象的です。

 

乗り場の奥の方に歩いて行くとKauflandという大きなスーパーマーケットがあるので、見ているだけでも楽しいし安いです。

 

ここで朝食用のパンやコーヒーなどを購入しました。帰りはTroop.foodで夕食を取りホステルに戻ります。

 

今日は良い1日でしたが、明日はいよいよ東欧ともお別れですね。

 

 

 

まとめ

ソフィアから日帰りでリラの僧院に行くのは特別難しいこともないですが、1日に1本しかないのでこれを逃すと大変です。時間に余裕を持って行きましょう。

 

さすが世界遺産ですね。ほんと全てが感動的で楽しい1日でした。またブルガリアには来ると思うので色々準備したいと思います!

 

 - ブルガリア, ヨーロッパ