サーファーの聖地ハレイワビーチへThe Busに乗ってノースショアまで日帰り旅行してみた!

      2021/08/09

ハレイワの店

 

ハワイ・オアフ島北部のノースショアには、サーファーの聖地と言われるハレイワというところがあります。

 

波の高いビッグウェブが来ることで、サーファーの憧れの地として世界的に有名な場所です。

 

毎年このハレイワでサーフィンの大会が行われることでもよく知られています。私はサーフィンはしませんが、なぜかワクワクしていたので行ってみることにしました。

 

 

※2018年4月13日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2021年8月9日に再度公開しました。

 

ノースショアへの行き方

ハレイワの地図

 

ノースショアのハレイワへの行き方も簡単で、アラモアナセンターから52番のバスに乗れば1時間半程で行けます。ワイキキからアラモアナセンターまでは8番のバスなどで行くことができます。

 

降りる場所は、サーフボードが並んでいたりお店が増えてきたら、そこはもうハレイワタウンです。

 

 関西国際空港からスクートに乗ってハワイ・ホノルルに到着しました。ハワイは物価が高いので空港からワイキキビーチまでの移動手段も気を抜けません。 ホテルなどの送迎がある場合は必要ないですが、個人で旅行する場合には重要なミッションの1つです。 移動する方法として、タクシー、シャトルバス、バスなどで行く方法がありますが、安く移動するにはバスに乗るしか方法がないので、乗車場所や運賃、乗車するに当たって注意することなどを解説したいと思います。  空港到着からバス乗り場まで ホノル...

 

ハレイワタウンマップ

 

小さい所なのでどこで降りても大丈夫です。帰りは地球の歩き方では降りた場所の反対側のバス停が記載されていましたが、待てど暮らせど一向にバスが来ません。

 

 

なのでドライバーに訪ねたらバスを降りた側のバス停から乗るようでした。1日券を利用すればお得なので利用しましょう。

 

サーファーの聖地ハレイワタウン

ベンチ

 

アラモアナセンターからバスに乗り1時間半程でハレイワタウンに到着です。どこで降りようかと考えていたら、終点まで来てしまいました。とにかく海が見えるところで降りたかったんです。

 

ハレイワの海

 

やっぱり海は良いな〜。来た道を戻って行くと、道路沿いにレンタルボードを貸してくれる店が多く、さすがサーファーの聖地だなと感じました。

 

ハレイワのサーフショップ

 

波を見に行く

私はサーフィンをやったことはないですが、やってみようかなとさえ思えてくるのは不思議です。

 

そして更に歩いて行くと、遠くの方に波の激しそうなところがあるのが見えてきました。

 

波

 

波が俺を呼んでいる!と勘違いした私は、引き寄せられるように足は海へと向かっていました。歩くこと10分。たくさんのサーファーが波を楽しんでいます。

 

波乗り

 

すごく波が良い感じで、やってみたいなと更に思うようになりました。今回は何も準備していなかったので断念しましたが、次回来たときには初サーフィンに挑戦です!

 

サーフィンを楽しむ人

 

波乗りしている方々はとても楽しそうで、ますます欲求は高まってまいりました。

 

ハレイワでサーフィン

 

ハレイワタウン散策

店

 

その後、別れを告げハレイワタウンを散策。ハレイワタウンで有名なマツモトシェイブアイスを食べようとお店を探しますが、運悪く本日定休日(元旦)で食べれませんでした。残念です。

 

マツモトシェイブアイス店

 

他には特に見るものはなく、ガーリックシュリンプのお店やレンタルショップなどが多かったですね。

 

十分楽しんだので、ハレイワタウンからアラモアナセンターに戻ります。

 

バス停は、アラモアナセンターから来て降りた側の場所から乗ることになるので注意しましょう。

 

まとめ

アラモアナセンターからバスに乗りわずか1時間半程でサーファーの聖地ハレイワに着くことができます。

 

ワイキキビーチからアラモアナセンターまで散策

 

The Busを利用すれば移動は簡単で、1日券を使えば安く行けます。ワイキキとはまた違ったハワイ・オアフ島を感じるのには良い所と感じました。

 

オアフ島の見どころはたくさんありますが、移動はバスを利用すれば便利なので、いろんなところに出かけてみましょう!

 

 

 - アメリカ, 南北中アメリカ