素敵すぎる日本の美と北野天満宮!京都に来たなら1度は行きたい!

      2018/03/08

梅の木

 

京都の上京区に「学問の神様」菅原道真公をお祀りする、通称天神さんと言われる北野天満宮があります。

 

道真公は梅が好きだったということで、梅と牛との関係が深いといわれています。広大な敷地には梅の木が沢山植えられており、梅の咲く頃にはとてもきれいだそうです。

 

あいにく、この時期に行けなかったのが残念ですが、見応えのある日本の建築技術には只々、圧倒するものでした。

 

梅と日本建築の調和が素敵で、すごく良い感じです。

 

 

行き方

北野天満宮の地図

 

  • JR京都駅前から、京都市バス「10」「50」「51」「55」、急行「101」「102」「103」系統、北野天満宮前下車歩いてすぐ。

 

  • 京福電鉄北野線、北野白梅町駅下車歩いて5分程。

 

  • 住所:京都市上京区馬喰町

 

鳥居から楼門まで

北野天満宮 鳥居

 

まず目を見張るのは、大きな鳥居と獅子の像です。梅の花も咲いていてきれいです。参道を歩いて行くと両側に牛の像がたくさんあり、参拝に来られた方は牛を撫ぜていました。

 

牛の像

 

結構長い参道を歩いていると、左手に梅の木がたくさんありましたが、時すでに遅しです。目の前に楼門らしき門が見えました。すごいですね。圧倒されます。日本建築のレベルの高さがわかりますね。

 

楼門から三光門まで

楼門

 

中に入り右手に手水舎があります。ここにも梅の木がたくさん植えられており、見頃の時は、きれいだろうなと思いました。道なりに進んでいくと三光門が見えます。きれいですね。

 

三光門

 

三光門は、重要文化財に指定されています。近くで見ると、より素晴らしいです。

 

三光門から本殿へ

本殿 北野天満宮

 

三光門を通り抜けると、目の前に本殿があります。右側に授与所、左側は回廊になっています。

 

どの角度から見てもきれいですね。屋根の先端部分が尖っているのが気持ちいいです。

 

本殿の後ろ側

本殿 後側

 

本殿のあるエリアから一度出て後ろ側を見に行きました。芸術的な色合いと建築技術は、素晴らしくきれいで歴史の重みを感じます。

 

本殿後側 外壁

 

朱色のたくさんの鳥居があって梅の花とよく合います。戻り道に神楽殿や宝物殿などもあり見所はたくさんあります。

 

梅

 

まとめ

もう少し早く来ればよかったですが、それでも見応え十分の建築技術は日本の宝です。また来年の梅の咲く時期に来たいと思います。

 

天満宮の北門から出て西へ向かえば、平野神社までは歩いて10分程の距離なので、回ってみても良いかと思います。

 

 京都には桜の名所がたくさんあります。どこに行こうか迷いましたが、京都市北区にある平野神社という桜の名所に足を運びました。咲き乱れる桜の数々を見ていると...

 

もう少し足を伸ばせば晴明神社や賀茂別雷神社もオススメです。

 

京都市上京区に、陰陽師で有名な安倍晴明公を祀る、晴明神社という所があります。晴明神社は、晴明公の屋敷跡に創建されました。全国にも同名の神社があるようです。パ...

 

 京都市北区に京都で最も古い神社の1つに、賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)という神社があります。 通称は上賀茂神社といい、今回のお参りで、この...

 

京都へのアクセスも関西空港や中部方面からもアクセスが可能なので、京都に来たなら1度は来たいところですね。

 

 京都市内から関西空港まで安く行く方法として、何を利用すれば安く行けるのかを調べてみました。 移動手段として考えられるのは、バスと電車。バスは移動手...

  

 大阪市内から関西空港には安く行くことができますが、大阪市内、京都市内から中部国際空港までは、どれくらい安く移動でき、お得な方法があるのか調べてみました...

 

 - 京都, 日本