京都市内から関西空港までの行き方!安く移動するならお得な切符を購入しよう!

      2018/03/03

関西空港 ラピートルジャー

 

京都市内から関西空港まで安く行く方法として、何を利用すれば安く行けるのかを調べてみました。

 

移動手段として考えられるのは、バスと電車。バスは移動手段としては快適で時間もそれ程かからないので良いのですが運賃が高いのです。

 

節約旅行者としては、時間がかかっても運賃の安い移動手段ができる電車を選び、どんな移動方法があるのか調べ実際に利用してみたので紹介したいと思います。

 

 

関西空港への移動手段

南海電鉄 切符売場

 

京都市内から関西空港へは、電車、バス等がありますが、安く行く移動方法として阪急電鉄&大阪市営地下鉄&南海電鉄を利用した「関空アクセスきっぷ」「京都アクセスきっぷ」

 

JRと大阪地下鉄&南海電鉄を利用した「昼得切符&関空ちかトクきっぷ」に絞られます。

 

バスは乗り換えなしで行けて便利ですが少しお高いので除外します。

 

電車、地下鉄のみを利用して安い行き方を選んでみました。

 

「関空アクセスきっぷ」「京都アクセスきっぷ」

京都ー関西空港

 

京都市内から、阪急電鉄、大阪市営地下鉄と南海電鉄を乗り継いで関西空港まで行く切符が、阪急電鉄と南海電鉄から販売されています。

 

京都から関西空港へ行くには「関空アクセスきっぷ」。関西空港から京都に行くのは「京都アクセスきっぷ」となります。

 

阪急電鉄の有効区間は、天神橋筋六丁目駅から400円区間内なら1230円。超えれば乗り越し精算になります。

 

関空アクセスきっぷ

関空アクセスきっぷ

 

関空アクセスきっぷ」は、阪急京都線、嵐山線、千里線方面から、大阪市内の地下鉄 堺筋線 天下茶屋駅で南海電鉄に乗り換え関西空港駅まで行ける切符になります。


関西空港から京都への移動には、この関空アクセスきっぷは利用できません。

 

関西空港からは、京都アクセスきっぷの利用となります。

 

天下茶屋駅

 

どちらも運賃は1230円。天下茶屋駅以外での途中下車は出来ません。

 

阪急電鉄の河原町、桂、高槻市、茨木市、北千里、淡路の案内カウンターと烏丸駅で販売しています。

 

アクセスきっぷ

 

事前購入も可能で有効期間も長めに設定してあるので使いやすい切符ですね。

 

阪急電鉄、河原町駅から淡路駅で乗り換え天下茶屋行きに乗車し、天下茶屋駅で南海電鉄に乗り換え関西空港まで行きます。

 

天神橋筋六丁目では電車の乗り換えなしに直通で行けます。

 

以前は+300円でラピートに乗れましたが、今は通常料金510円になります。

 

ラピートルジャー

 

関西空港に着くと出口付近に、こんな物を見かけました。「関空戦士ラピートルジャー」という訪日旅行者向けに作られたキャラクター。

 

空港特急のラピートをデザインのモチーフとしていて、youtubeでも動画が見られます。3話まであるのかな。

 

私は初めて見た時、子供の頃よく見た「秘密戦隊ゴレンジャー」の青レンジャーかと思いましたね。

 

京都アクセスきっぷ

京都アクセスきっぷ

 

京都アクセスきっぷ」は、南海電鉄、関西空港駅で販売しています。

 

目的地が祇園や嵐山なら、この京都アクセスきっぷが便利なことは言うまでもありません。

 

電車 切符

 

JRやバスなどを利用して京都に行くとなると京都駅が拠点となるので、目的地が祇園や嵐山なら、京都駅から乗り換えて行く事になり費用がかさむので、余計なお金がかかってしまいます。

 

京都アクセス切符

 

通常の料金が1600円のところ片道1230円で利用でき、往復ならかなり節約して安く移動できます。

 

移動に約2時間程かかりますが、乗り継ぎもスムーズでそんなに苦にならなかったですね。安く行くには大変便利な切符です。

 

「昼得切符&関空ちかトクきっぷ」

kankuu-tika-toku-kittpu

 

大阪市内から関西空港まで行く「関空ちかトクきっぷ」というものがあり、大阪市営地下鉄と南海電鉄を利用して行く切符になります。

 

大阪市交通局、関西空港、南海電鉄が販売し購入できます。

 

関空ちかトクきっぷ

ちかトクきっぷ

 

大阪市内の地下鉄、ニュートラム各駅から難波駅まで行き、南海電鉄に乗り換え関西空港まで行く切符になります。

 

片道大人1000円、小児500円で券売機で簡単に買えます。有効期限は発売日当日のみとなります。

 

発売場所は、大阪市営地下鉄、ニュートラム駅の各発売機(なんば、天下茶屋、東梅田を除く)関西空港駅発売機。

 

大阪市営地下鉄と南海電鉄の乗り換え駅は、なんば駅のみとなります。

 

ちかトクきっぷ

 

地下鉄梅田駅から関西空港までですと、通常、普通運賃1160円ですが、「関空ちかトクきっぷ」を利用すると1000円で乗れ160円安く利用できお得です。

 

大阪市内から関西空港まで1000円で行けるので、あとは京都駅から大阪までの移動方法となりますが、昼得切符を利用すれば390円で行け片道合計1350円で行けることになります。

 

「関空アクセスきっぷ」よりは少しお高いですが、京都駅から乗車するなら利用するのも悪くないですね。

 

南海電鉄の難波駅から安く行く

大阪駅

 

難波の金券ショップでは、土日祝日の利用なら南海電鉄を利用すれば片道750円で移動できます。

 

これが大阪市内から行くのに1番安いのではないかと思います。

 

仮に大阪駅から難波まで地下鉄で240円、JRで行くと190円、金券ショップでは180円で販売されているので、これと合わせても940円で大阪駅から移動できることになります。

 

「関空ちかトクきっぷ」は1000円なので、それより60円安く行けますね。

 

また、京都市内から中部国際空港セントレアへの行き方もあるので、また見てくださいね。⇓

 

 大阪市内から関西空港には安く行くことができますが、大阪市内、京都市内から中部国際空港までは、どれくらい安く移動でき、お得な方法があるのか調べてみました...

 

まとめ

日本 関西空港

 

京都市内ー関西空港間の安い行き方で「関空アクセスきっぷ及び京都アクセスきっぷ」と「関空ちかトクきっぷ」を比較してみた結果。

 

安さで行くなら「関空アクセスきっぷ」所要時間なら「関空ちかトクきっぷ」が便利だということが解りました。

 

また、目的地が祇園や嵐山に絞られているのなら「京都アクセスきっぷ」が安くて便利な方法だという結論になりました。

 

 京都市東山区にある桜の名所で有名な八坂神社に行きました。八坂神社周辺は桜のきれいなところが多く、すぐ近くには清水寺、祇園など観光スポットがあり毎日大勢...

 

関西空港では、朝早い出発や夜遅く着いた旅行者のために、無料で仮眠できるスペースを設けているので利用することも出来ます。

 

 関西空港を利用する時に、出発が朝早かったり夜遅く着いたりすることがよくあります。 空港から近距離に住んでいる人は、そのままバスや電車を利用すればい...

 

空港内で仮眠するなら寝袋などがあると便利でオススメです↓

 

 京都には桜の名所がたくさんあります。どこに行こうか迷いましたが、京都市北区にある平野神社という桜の名所に足を運びました。咲き乱れる桜の数々を見ていると...

 

 - 旅の準備, 旅立つ前に